autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ F015 Luxury In Motion 海外試乗レポート/清水和夫 2ページ目

試乗レポート 2015/3/31 10:06

メルセデス・ベンツ F015 Luxury In Motion 海外試乗レポート/清水和夫(2/3)

関連: メルセデス・ベンツ Text: 清水 和夫 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ F015 Luxury In Motion 海外試乗レポート/清水和夫

大きなキャビンをどう活かすのか

スタッフがアイフォンを使ってF015を車庫から呼び出すと、我々の前に大きな車体の高級車が現れた。

19世紀は馬、20世紀はエンジン、21世紀は電気という時代の変化を感じるが、動力源のスペースが小さくなったことで、車両パッケージに無駄がなくなった。

観音開きに自動で開閉するドアは100年前の馬車のコーチと同じだそうだ。ホイールベースは3610mmと長い。

座り易いように回転する運転席に座ると向かい合わせのポジションも自在に選べる。

ドアを閉めると、まったく別の空間が現れた。この瞬間にロールス・ロイスやマイバッハとは異なると思った。まるでタイムマシンに乗って未来の都市にやってきたみたいな気がした。

インテリアは凝りに凝っている。ホンモノの木を使った床は高級旅館のフローリングだし、縁にLEDが使われるシートは座り心地が良い本革が使われている。驚いたのはメーターパネルやドアパネルに組み込まれた各種スクリーンだ。外の様子をグラフィカルに映し出したり、他の映像も表示できる。

自動運転でも退屈にならないように工夫している。

車両に組み込まれた各種センサーで車外の様子を認識する。人が運転する以上に多くの情報を得ることができる未来の自動車は、システムがどこまで知っているのかを知らせることも重要だ。こうした「人とシステム」の関係を「HMI」(ヒューマンマシン・インタラクション)と呼んでいるが、このHMIがメルセデスの強みなのである。

インテリアデザインを統括するデザイナーは「エンジン音もなく、ハンドルも握らないのでドライバーや乗員にどうやってメルセデスの高級を味わってもらえるのか」とF015のインテリアのコンセプトを説明してくれた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ の関連記事

メルセデス・ベンツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円