autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Rクラス 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2011/4/19 19:04

メルセデス・ベンツ Rクラス 試乗レポート/岡本幸一郎(1/4)

関連: メルセデス・ベンツ Rクラス Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ Rクラス 試乗レポート/岡本幸一郎

ビッグマイナーチェンジを受けたRクラスをご紹介

メルセデスが、積極的に多車種展開を推し進めていた中のひとつとして生まれたRクラス。

メルセデス・ベンツ Rクラス

Rクラスが日本に導入されたのは2006年4月、3列シートを持つ非常に大柄なロールーフミニバンであり、ステーションワゴン的な要素も持つと同時に、地上高やタイヤ外径の大きさからするとSUVっぽさも感じられる。

当時は「SUV」や「ミニバン」という言葉を一切用いず、あくまで「高級車の新しい姿」といった意味合いのプレゼンをしていたのが印象的だった。

プラットフォームは、同じく米アラバマ工場で生産されるMクラスと共用だ。5m近い全長と1.9mを超える全幅、そして1,660mmもある全高は、迫力ある存在感を見せる。

ただし、その存在感とは裏腹に話題性はあまりなく、今では、やや忘れられた存在になっていたのも否めない。

そんなRクラスは、2010年11月のビッグマイナーチェンジで、大幅なリニューアルを実施した。その内容を早速お伝えしよう。

まずはエクステリアについて。

一新されたフロントは、ヘッドライトのデザインが変わったほか、フロントグリルが大きくなり、ボンネットが水平基調の形状にするなどして、より押し出し感の強いマスクとなった。

LEDによるドライビングライトの採用も新鮮味のアピールに一役買っているし、LEDを用いたウインカーや新デザインのテールライトも与えられた。また、バンパーやアルミホイール、ドアミラーも新デザインのものを採用した。

一見するとBクラスのスケール拡大版のようなフォルムに感じるが、上端がワンモーションの弧を描くサイドウインドウなどは、先代のRクラスらしさを活かしつつ、近年のほかのメルセデス車と同様に、より精悍さとダイナミックさを与えている。

メルセデス・ベンツ Rクラスメルセデス・ベンツ Rクラスメルセデス・ベンツ Rクラスメルセデス・ベンツ Rクラスメルセデス・ベンツ Rクラス

メルセデス・ベンツ Rクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Rクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Rクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Rクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Rクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円