autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート SUPER GT 300でもデビューウィンの実力派「メルセデスAMG GT S」ショートインプレッション 2ページ目

試乗レポート 2016/4/18 17:14

SUPER GT 300でもデビューウィンの実力派「メルセデスAMG GT S」ショートインプレッション(2/3)

関連: メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志/メルセデス・ベンツ日本/GTA
SUPER GT 300でもデビューウィンの実力派「メルセデスAMG GT S」ショートインプレッション

滾(たぎ)る血潮、ほとばしるアドレナリン!

Mercedes-AMG GT S 試乗レポート/今井優杏Mercedes-AMG GT S 試乗レポート/今井優杏

というわけで気軽にドライブしてきました!

と厚顔にインプレしたいのはやまやまだが、やっぱりいくら身近であってもその辺にアウトバーンみたく速度無制限エリアなんてない日本の公道において、コレを転がすのはややストレスが溜まりそうな気がしていた。

なんといっても内装がすごい。

やたらに低くしつらえられたそのぶっといサイドシルを跨ぎ、レーシングカーのごときサイドサポートのそそり立ったシートに身を埋めると、やおら腹の底あたりから闘志みたいなアツいモノが湧いてくるような作り込みなのだ。

滾(たぎ)る血潮、ほとばしるアドレナリン!

うわ! やっぱりAMGの最高峰、なんとドライバーの心を盛り上げる演出が巧いんだろう。

内装がもう、スペースシャトルみたいなんである。乗ったことないけど。

どこまでも「硬派」

Mercedes-AMG GT S 試乗レポート/今井優杏

ブラックで統一された圧倒的なまでの威圧感は、ぶっといセンタートンネルで左右の座席を区切られ、ドライバーとパッセンジャーを遮断するかのごとく、一切の甘えのないスパルタン・走り仕様。こんな硬派なクルマで彼女とデートしたらバチ当たるで、とでも思わせんばかりの“漢(おとこ)内装”ここにあり。

その辺、SLS AMGはもうちょっとエレガントだったように思う。もう少し女性的であったとでも言おうか、ノーブルな気品すら漂っていた。

しかし、もっかい言うけどAMG GT Sときたらとにかくもう、硬派。ガッチリと、カンプなきまでに硬派!

内装見ただけじゃいっこも身近に感じないのは一般人のヒガミなのか。

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連記事

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円