autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ 2ページ目

試乗レポート 2015/5/8 20:38

メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ(2/4)

メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ

爆音とともに目覚めるV8ツインターボ

早速ドアを開けメルセデスAMG GT Sへと乗り込む。ドアはアルミ製だけに軽いが、とてもカッチリとした感触で閉まる。室内に入ると、まるで戦闘機のコックピット感覚。目の前のハンドルとメーターを中心にドライバーが取り囲まれるような室内のデザインだ。

室内中央で運転席と助手席を分けるコンソールにあるエンジンのスタート/ストップ・スイッチを押すと、“フォン”と周りの空気を揺らす爆音とともに、V8ツインターボ・エンジンが目覚める。

ブレーキを踏みながらハンドルの裏側左右についたパドルの右側を引くと1速に入る。DCTと呼ばれるクラッチペダルのないマニュアルトランスミッションなのでAT感覚。実際にAT免許で乗れる。

強烈なパワーでワープ感覚!

スルスルとピットを走り出す。騒音や振動はメルセデス・ベンツの通常モデルよりキツいが、それが身体を震わせて、いかにもスーパースポーツカーな雰囲気が演出されている。

ピットロードを出て、アクセルを踏み込む。するとまるで、第1コーナーに吸い込まれていく感じがする。そう、それほど加速が強烈なのだ。

第1コーナーにあわせてハンドルを切る。その感触はとてもダイレクト感があって、まるで路面を手のひらで触れているかのように状況を伝える。

履いているミシュランのパイロットスーパースポーツという特別なスポーツタイヤが、しっかりと路面に吸い付いて曲がるための力を生み出しているのが手のひらに伝わってくる。しかしハンドルを回す感じ自体は、メルセデス・ベンツの他のモデルのようにしっとり滑らかな感覚として共通する。

 曲がり切って再びアクセルを全開にする。すると気持ちを刺激する痛快な排気音が室内に響き渡り、身体がシートに押し付けられる加速が始まる。次のカーブまでは本当にアッという間のワープ感覚。だからすぐに今度はブレーキを踏んで減速しなければならない。

そうしてブレーキを踏むと、今度は強烈な制動によって身体が前へ飛び出していきそうになる。ブレーキが極めて強力なのだ。

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連記事

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    1,128万円2,442.2万円