autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート SUVモデル「Mクラス」が名前も新たにリニューアル/「メルセデス・ベンツ GLE 350 d 4MATIC Sports」試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/4/25 10:48

SUVモデル「Mクラス」が名前も新たにリニューアル/「メルセデス・ベンツ GLE 350 d 4MATIC Sports」試乗レポート(2/4)

SUVモデル「Mクラス」が名前も新たにリニューアル/「メルセデス・ベンツ GLE 350 d 4MATIC Sports」試乗レポート

「AMG 63S」以外、全てディーゼル仕様

「Mercedes-Benz GLE 350 d 4MATIC Sports」試乗レポート/今井優杏

さてそのGLEだが、頂点の「メルセデスAMG GLE 63S 4MATIC」を除き、パワートレーンは3.0リッター V6ディーゼルターボの「350d」のみ。すべて四輪駆動の4MATICで、ベース/ 本革仕様/ スポーツの3グレード展開だ。

加えて先述のAMGだけガソリンエンジンで、5.5リッター V8ツインターボとなる。

今回の試乗は「350d」で、話は冒頭に戻る。

ディーゼルを感じさせないジェントルかつシルキーな感触

「Mercedes-Benz GLE 350 d 4MATIC Sports」試乗レポート/今井優杏

踏んで行く際、最初のひと転がりからしばらくだけはややルーズ。スロットル開度に対してラグを持たせながらぬるっと進み始めるイメージだが、これは燃費との両立もあるのだろう。いざ速度にさえ乗ってしまえば、ディーゼルならではの懐深い、背中を押されるようなパワフルなトルクがそこかしこにふんだんに用意されている。

だというのに、どんな速度域に至ってもドライバーが受け取る印象は完全にジェントルなのだ。坂道を駆け上がって行くとき、高速道路の合流で、また追い越しをするとき。

ディーゼルエンジンが唸りを上げなければいけないようなタフなシチュエーションでも、その咆哮はあまりにシルキー。完璧に車内に保たれた、完全無欠のフラット感は決して破綻しない。

メルセデス自慢のクリーンディーゼル「BlueTEC」

「Mercedes-Benz GLE 350 d 4MATIC Sports」試乗レポート/今井優杏

GLEにはメルセデスが誇るクリーンディーゼル「BlueTEC」エンジンが搭載されているのだが、もはやお家芸のコモンレールシステムや電子制御式の可変ターボチャージャーなど燃焼技術を駆使しており、繊細によく回るトルクフルなもの。そのエンジンの美味しいトコロ、花道を生かすのに貢献しているのが尿素水溶液「AdBlue」を使用した触媒技術だ。

排出ガスにこれを吹きかけることで有害物質と化学反応を起こさせて水と窒素に還元し、有害なNOx(窒素酸化物)を削減するというもの。大容量で効果も高いが、尿素タンクが必要となるため、大型車にしか向かないシステムでもある。

GLEはその巨体を生かしてこれを搭載させることで、どうしてもNOxが出てしまう領域の燃焼で得られる、特有のガッツリ系トルクを殺すことなく走りに生かすのだから、踏み心地がいいエンジンであることは間違いない。ちなみに燃焼自体でも有害物質を抑える工夫はなされ、欧州および日本の厳しい排ガス規制に、高いレベルで適合している。

メルセデス・ベンツ GLE 関連ページ

メルセデス・ベンツ Mクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ GLE の関連記事

メルセデス・ベンツ GLEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ GLE の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ GLE の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円