autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2015/3/9 13:18

メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏(2/3)

メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏

Edition 1シリーズ最強のド派手ないでたち

メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏

「Edition 1」とは写真をご覧いただくだけで一目瞭然、これでもかとAMGらしさを内外装に盛り込んだ(というよりもAMGを過剰に表現したかのようにも見える)ド派手な特別仕様車である。ボディには専用のデカールが施され、グリルやホイールなど随所にレーシングな気分を連想させるかのような赤があしらわれ(私はとくにグリルの内部にだけ塗られた赤が大好きだ)、存在感をむ~ん!と漂わせている。

大径20インチホイールを最初から装着しちゃいました

メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏

A 45 AMGからスタートしたEdition 1の発表は、今やAMGが発売されるたびに設定されるという流れになっていて、この先は日本にも間もなく導入されるであろうC 63 AMGにも導入されそうな予感だ。

その内容はモデルを追うごとに進化している。A 45 AMGでは単にデカールを貼り、ちょっと派手に見せました的なものだったのだが(いやそれでも充分存在感あったけど)、今回のGLAバージョンはちょっと見逃せない。なんと最初から20インチホイールを装着しているのだ。

メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏

ベースモデルとなるGLA 250 4MATICが18インチ、そして素の(?)GLA 45 AMGが19インチを装着しているのに対して、Edition 1のみ最初から20インチ。他のモデルでは20インチタイヤはオプション扱いとなる。というわけで、性格的に最もAMGらしいのがこのEdition 1とも言えるというわけだ。見た目にもぬん!と四肢を踏ん張っている感があり、激烈にカッコイイ。

そのほかエンジンなどパワートレーンや足回りの変更はないが、その分、実は乗り込むまでちょっと心配なことがあった。

メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG Edition1 ミニ試乗レポート/今井優杏

メルセデス・ベンツ Aクラスは、私の乗るA180Sportでもかなりアシがカタい。私の愛車はさらにそれを無視し、完全に時代に逆行するかたちで19インチタイヤに社外品のイカツいホイールを履かせているため(もちろん恰好重視です) 、さらに乗り心地が悪い。思いっきりゴツゴツ突き上げるのである。

悪路と名高い首都高横羽線なんて通ろうものなら、隣や後部座席に乗せた同業諸先輩方に「なんじゃこりゃ」とお叱りを受けたこともあるくらいだ(実話です)。

しかしですよ。

GLA 45 AMGは、純正品とは言えそれを上回る20インチタイヤを装着しているのだ。20インチといえば、すでにちょっとした小径チャリンコサイズである。大丈夫なのか。

[大径20インチでだいじょうぶ? その答えは・・・次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ GLAクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Aクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ GLAクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ GLAクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ GLAクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ GLAクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    1,128万円2,442.2万円