autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 試乗レポート/松田秀士 4ページ目

試乗レポート 2009/8/19 12:00

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 試乗レポート/松田秀士(4/4)

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 試乗レポート/松田秀士

メルセデスらしい、落ち着いたオンザレールのハンドリング

E550 走行イメージ
E550 走行イメージE350 インパネ

サスペンションでは、セダン同様にE350クーペに油圧式の減衰力可変ダンパーによるアジリティコントロールサスペンションを装備し、E550クーペにはコンピューター制御によって無段階に減衰力を可変させる電子制御エアサスペンションシステムの「ダイナミックハンドリングパッケージ」を装備している。

E550クーペでは、手元のボタンを押すことで「スポーツ」と「コンフォート」の2段階にサスペンションの特性を切り替えることができる。ボタンを押して「スポーツモード」をチョイスすれば、サスペンションだけではなく、よりクイックなシフトチェンジとアクセルレスポンスに変化する。

左右のパドルシフトを駆使してワインディングを攻めてみたが、セダンよりも112mm短いホールベースによってなかなかアジリティ(俊敏)のあるハンドリングだ。

E350 走行イメージ
E350 走行イメージE350 走行イメージ

けれども、BMW系のデジタルなステアリング応答ではなく、メルセデスらしいしっとりとした落ち着き感を基本に、どこまでもタイヤが路面を捉えるオンザレールのハンドリングをみせる。

ボディサイズがセダンより一回り小さいこともスポーティなハンドリングに拍車をかける。スポーツモードにすることでレスアンダーステアとなり、シートのサポート性が高いので素晴らしいハンドリングが楽しめた。

ブレーキ性能は、初期タッチのペダルフィールから踏力を増やし続けたときに比例する減速Gも、メルセデスらしい落ち着き感に溢れたものだ。

結局、E550クーペをベタ褒めになってしまったがE350クーペでもサスペンションの違いこそあれ、標準装備に大きな差がないこともあり、十分に満足のできるものだった。

筆者: 松田 秀士

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円