autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300 ブルーテック ハイブリッド 試乗レポート/竹岡 圭 2ページ目

試乗レポート 2012/5/22 19:30

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300 ブルーテック ハイブリッド 試乗レポート/竹岡 圭(2/2)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 竹岡 圭 Photo: メルセデス・ベンツ 日本(株)
メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300 ブルーテック ハイブリッド 試乗レポート/竹岡 圭

ハイブリッドカーとはいえ、メルセデスらしい味付けは変わらず

E300 Blue Tec Hybrid
E300 Blue Tec HybridE300 Blue Tec Hybrid

説明を受けた後、いよいよ、しかしそろそろ~っと走り出す。ガバッと踏んでしまうと、途端にエンジンが掛かってしまうからだ。とはいえ、このままだと本当にそろりそろりと這い出すような感じ。

例えるならば、クリープ現象の5倍くらいの力で押し出されている感じで、プリウスなどのEV走行に慣れてしまった身としては、少々物足りなさを感じるのが事実だ。そして結局のところ、あっという間にエンジンが掛かってしまう。

低速域ではディーゼルっぽい音と振動が少々気になる。しかし、その先は快適そのもの。速度を上げていくにつれて、どんどんフィーリングが良くなっていくのだ。ちなみにドイツで言うところの、『そこそこのスピード域』で走らせた方が燃費も落ちない。そこはやはり、アウトバーンが存在する国らしいセッティングになっているのだろう。

パワステフィールは抑揚のないメルセデス・ベンツらしい雰囲気の味付けだが、ハンドリングはなかなか。ライントレース性も悪くないし、重くてクルマが身動きできないというような雰囲気もまるでない。

ただし問題なのはブレーキだ。回生ブレーキの違和感が大きく、2代目プリウスくらいのフィーリングである。カックンブレーキにならないようにするには、かなり気を遣う必要があった。

ディーゼルHVは欧州で、ガソリンHVはアメリカから順次導入予定

E300 Blue Tec Hybrid
E300 Blue Tec HybridE300 Blue Tec Hybrid E300 Blue Tec Hybrid

さて、走らせて面白いのがセーリング機能だ。よくコースティングモードと呼ばれる、VWグループのHVなどに付いているような、いわば惰性で走っている領域の走行のことだが、これが任意切り替え式なのである。

通常は高速走行時などにアクセルオフすると、モーターがジェネレーターとなって回生し、次に使うための電気を貯えるモードになり、エンジブレーキが掛かったようなフィーリングで徐々に減速していくが、ATモード(MTシフトモードに入れていない状態)で右側のパドルを操作すると、減速されないセーリングモードに入る。回生しないので、ニュートラルギアに入れたようなフィーリングでの走行となる。緩やかな下り坂などで、有効なモードだと言えるだろう。

通常このような走行は、自動的に切り替えられるものが多いのだが、メルセデスベンツでは、あくまでドライバーがフレキシブルに走れるようにと任意切り替え式が採用されているのが面白い。

実際、勝手にやってくれたほうがラクだと思う反面、自分で操れることの喜びは味わえる。毎日の通勤路など、よく知っている道なら有効に使えそうだ。

さて、このE300ブルーテックHVは、どうやら欧州での販売がメインになる予定。ガソリンHVのE400HVはまずはアメリカで、その後日本や中国などのアジア圏にやってくるようだが、是非ともツーリングワゴンモデルなどを日本に導入して欲しいものだ。

筆者: 竹岡 圭

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円