autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300 ブルーテック ハイブリッド 試乗レポート/竹岡 圭

試乗レポート 2012/5/22 19:30

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300 ブルーテック ハイブリッド 試乗レポート/竹岡 圭(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 竹岡 圭 Photo: メルセデス・ベンツ 日本(株)
メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300 ブルーテック ハイブリッド 試乗レポート/竹岡 圭

いよいよEクラスにもハイブリッドモデルが登場

E300 Blue Tec Hybrid

欧州でエコカーと言えば、メインはクリーンディーゼルモデル。エコ的な側面と運動性能の両面から、クリーンディーゼルモデルが大人気だ。しかし、最近は燃料価格の高騰により、さらなる好燃費が求められている。

そこで、2009年に発売されたSクラスハイブリッドに続き、E400ハイブリッドとE300ブルーテックハイブリッドが登場した。ちなみにE400はガソリンHV、E300はディーゼルHVとなる。

今回試乗したのは、E300ブルーテックハイブリッド。HV初のツーリングワゴンもあるそうだが、今回試乗したのはセダンだ。気になる燃費は、欧州複合モデルで4.2L/100km。リッター計算で23.8km/Lだ。

特徴的なのは電気モーターの出力が20kW、トルク250Nmと小さいこと。厚さたった65mmのコンパクトサイズとなっている。バッテリーも小さい。

バッテリーが小さいと当然EV走行距離は限定されるが(時速35km/hまでで約1km)、全体のバランスを考えてあえてこういう選択をしたらしい。

というのも、大型バッテリーは重量が増すので、ガソリンやディーゼル燃料を使った走行となると燃費が悪化してしまう。ハイボルトバッテリーの搭載はプラグインじゃないとメリットが薄いと、メルセデス・ベンツでは考えているそうだ。

そこで重量の増加はプラス100kgまでと限定し、開発が行われたとのこと。そう考えると、低回転域が得意なディーゼルエンジンと組み合わせた方が、よりメリットが大きいシステムと言っていいだろう。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円