autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ E300 4MATIC ステーションワゴン 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2012/3/16 16:31

メルセデス・ベンツ E300 4MATIC ステーションワゴン 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ E300 4MATIC ステーションワゴン 試乗レポート/渡辺陽一郎

昨年11月にビッグマイナーチェンジを受けたEクラス

メルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGON
メルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGONメルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGON

新興国を除けば、この20年ほどの間に、メルセデス・ベンツほど車種の選択肢を急増させたブランドは珍しい。

かつてメルセデス・ベンツのSUVといえば、ゲレンデヴァーゲンと呼ばれた「Gクラス」と「ウニモグ」だけだったが、今ではM/GL/GLKクラスも選べる。さらに、SUVとミニバンの中間的なRクラスや、A/Bクラスの投入で低価格の5ドアハッチバックも選択できるようになった。

ユーザーニーズが多様化すれば品ぞろえも増えて当然だが、旧来のメルセデス・ベンツファンとしては、一抹の寂しさも感じてしまう。頑固オヤジが妙に物分かりが良くなったような、あるいは老舗の料理店が万人受けする安いメニューを加えたような、自分の思い描くイメージから離れて行く寂しさだ。

とはいえ、保守的なクルマ造りを繰り返していたら、時代の流れについて行けず埋没する。企業の方針としては正しく、納得するしかない。

このモヤモヤした気分を吹き飛ばしてくれるのが、Eクラスの進化だ。Eクラスはメルセデスベンツの本流。現行モデルは昔に比べるとカッコ良くなったが、正統派モデルとしての位置付けは今も変わらない。

重厚な外観、リヤシートを含めた快適な居住性はEクラスが持つ普遍的な特徴だ。長年にわたって積み重ねた価値を継承しながら進化を続けるEクラスは、2011年11月に大幅なマイナーチェンジを受けた。

メルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGON

最も注目される変更点は、新しいV型6気筒3.5リッターエンジンの採用。

チューニングを変えて、E300とE350に搭載される。ピエゾ素子を用いた燃料噴射装置を備え、シリンダーの内部に直接ガソリンを噴射する方式。1回の吸気行程で最大5回の燃料噴射を行うことも可能だ。

成層燃焼に基づく希薄燃焼と、理論空燃比による均質燃焼を使い分け、さらにこれを組み合わせることで、幅広く燃焼効率の向上を図っている。エンジンの摩擦損失や騒音も低減。クランクケースやシリンダーヘッドのアルミ化、樹脂部品の採用などと相まって、軽量&コンパクト化も実現させた。

トランスミッションは7速AT。エコ・スタート・ストップ機能と呼ばれるアイドリングストップも採用され、2WDモデルのE300ではJC08モード燃費が「12km/L」、10・15モード燃費は「13km/L」に達する。1.8リッターターボのE250と同等の燃費性能だ。

メルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGONメルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGONメルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGONメルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGONメルセデス・ベンツ E300 4MATIC STATIONWAGON

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円