autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 国産セダンでは敵わない魅力は今も健在「メルセデス・ベンツ Eクラス」新型車解説 3ページ目

新型車解説 2016/8/1 16:55

国産セダンでは敵わない魅力は今も健在「メルセデス・ベンツ Eクラス」新型車解説(3/3)

国産セダンでは敵わない魅力は今も健在「メルセデス・ベンツ Eクラス」新型車解説

価格の割安感で選ぶならば「E220d アバンギャルド」を

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E350d

主要グレードの価格は、2リッターのガソリンターボを搭載したE200アバンギャルドが675万円、2リッターのクリーンディーゼルターボを搭載したE220dアバンギャルドが698万円、V型6気筒3.5リッターのツインターボと4WDを搭載したE400 4MATIC エクスクルーシブが988万円だ。

価格の割安感で選ぶなら、E220dアバンギャルドがトップで、ガソリンエンジンが好みならE200アバンギャルドを推奨したい。

しかもドライブパイロットやアクティブブレーキアシストは全車に標準装着され、主だった安全装備にはグレード間の差を設けていない。従来型と比較して、機能や装備に対する価格が割安になった。

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E350dメルセデス・ベンツ 新型Eクラス E350d

クルマにとって大切なのは「走り・曲がり・止まる」という基本機能。メルセデス・ベンツは昔からそこに重点を置いて開発してきたが、今では日本車を含めて各メーカーともに性能が向上している。

そこで安全装備を筆頭に、ドライブパイロットのような先進のソフトウェア技術が重要な価値を持つようになった。

ちなみに670~700万円前後の国産セダンとしては、ホンダ レジェンド ハイブリッドEX(680万円)、レクサス GS350 Iパッケージ(682万6000円)、フーガハイブリッド クールエクスクルーシブ(679万4280円)などがある。この価格帯の日本車は売れ筋からはずれ、ハイブリッドが中心になるものの魅力が少々乏しい。メカニズムで注目されるのはレジェンド程度だ。「高価格セダンでは輸入車の人気が圧倒的」といわれるのも納得できる。

また、身内のメルセデス・ベンツ Cクラスセダンも、1.6リッターターボのC180 アバンギャルドは486万円だが、2リッターターボのC250スポーツは670万円に達する。日本での売れ筋はCクラスだが「ちょっと頑張ってEクラス」という選択もありそうだ。

憧れの「Eクラス」だからこそ、エレガンスマスクも多くのラインナップを

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300メルセデス・ベンツ 新型Eクラス E300

特に往年のW123とかW124に憧れた中高年齢層のユーザーは、「メルセデス・ベンツといえばEクラス」だからとても魅力的だと思う。だからこそ、Eクラスのフロントマスクをアバンギャルド中心にせず、E400 4MATIC エクスクルーシブと同様のエレガンスマスクも用意して欲しい。

伝統的にいえば、アバンギャルドマスクは空気抵抗を意識したスポーツクーペ用で、セダンはエレガンスマスクになるからだ(大した話ではないですけど)。

なお、納期はE200アバンギャルドと同スポーツは、すでに在庫もあって今のところ納期が大幅に遅れることはないと思われる。ほかのグレードは10月以降の発売になる。

読者諸兄の中には、汗水流して働いて、ようやく子供も手が離れ、気が付けば定年の時期を意識するようになった方も少なくないだろう。

新型Eクラスは高価格車には違いないが、機能や装備を考えれば納得できる。日本で使うにはボディが少々大きいが、自分へのご褒美に、一度くらいは乗っても良いのではないかと思います。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円