autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 来春登場の新型Eクラスは革新技術が満載! ひと足早くその一部を公開 2ページ目

新型車解説 2015/7/22 16:07

来春登場の新型Eクラスは革新技術が満載! ひと足早くその一部を公開(2/4)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 河口 まなぶ Photo: メルセデス・ベンツ日本
来春登場の新型Eクラスは革新技術が満載! ひと足早くその一部を公開

スマホで簡単、自動駐車が出来る「リモートパーキングパイロット」

そして何よりインテリジェントなのがヘッドランプ。CLSで多くのLEDを使ったマルチビームヘッドランプを採用したが、次期Eクラスではなんと!84個のLEDを用いてさらに多彩な配光を実現している。

前走車にのみ光を当てずにハイビームにする技術は、現在販売されている他のメルセデスでも既に実現されているが、よりきめ細やかに前走車や対向車に光を当てないのはもちろん、カーブに沿って動く配光もよりきめ細やかなになった他、ナビの情報などとも連動して配光を行う。実際に使ったら、夜間でもかなり良好な視界が得られるだろうことは明白だ。

そして目を引いたのは、なんといっても最近流行りのスマホとの連携だろう。

次期型Eクラス 安全技術

次期Eクラスはオプションで、スマホ自体をキーにすることができる「デジタル・カー・キー」を用意する。これは要するに、Suica(スイカ:ICカード)のようなNFC技術とセキュリティ性の高いSIMを使った技術。

ドアノブに携帯をかざすことで、ロック/アンロックが可能(筆者は既に現在のドアノブに手を触れるだけで開く機構で十分とは思っているが)だ。この場合、センターコンソールにおかれたクレードルに携帯を置くことでエンジン始動が可能になるという。

さらに駐車に関しても、リモートパーキングパイロットと呼ばれる技術が用意された。これは従来からあるパーキングアシストの機能に付加されるスマホ連携で、ドアを開けられないような狭い場所でパーキングアシストを起動したのちに車から降りてスマホで操作が可能、という仕組みだ。

では車外に降りて、スマホで駐車を行っている最中にぶつけてしまった場合は誰の責任か? これは当然ドライバーの責任になるという。もっともこの辺りの機能が日本に導入されるかどうかは国交省の認可との兼ね合いになるだろう。

私としてはいち早くこうした仕組みに対応する日本であって欲しいと思う。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円