autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ CLS Shooting Brake 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2012/10/5 21:12

メルセデス・ベンツ CLS Shooting Brake 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

メルセデス・ベンツ CLS Shooting Brake 試乗レポート/石川真禧照

エコ性能の高さと、乗り手の欲求を満たす“ヤンチャ”な加速感が味わえる

Mercedes・Benz
Mercedes・BenzMercedes・Benz

ガソリンエンジンはV6・3.5L(CLS350)、V8・4.6Lツインターボ(CLS 500とCLS500 4マティック)、V8・5.5Lツインターボ(CLS63 AMG)が用意されている。

ディーゼルエンジンは直4・2.1Lのディーゼルターボ(CLS250 CDI)がべ-スエンジン。V6・3.0L(CLS350とCLS350 CDI 4マティック)も選べるが、ディーゼルの日本仕様は現時点では予定されていない。

ミッションは7速AT。アイドリングストップ機能も備えている。7速ATのシフトはAMGがフロアシフト、他はコラムから伸びている短いレバーでポジションをシフトする。

Mercedes・BenzMercedes・Benz

イタリアのフィレンツェで行われた海外メディア向け試乗会でハンドルをにぎったのは、CLS350・CL500・CLS63AMGのガソリン3車種。

ベースモデルのCLS350は、試乗時でも13.7km/Lの燃費を出すなど、エコ性能の高さが印象的。しかし、試乗車に装着されていたタイヤ(ピレリーPゼロ、フロント255/35R19、リア285/30R19)とサスペンションのマッチングが合わず、上下動が多くて落ち着きにかけていた印象。

試乗したCLS500はFRだったが、日本仕様は4マティックになる。4.7Lツインターボエンジンは1500回転からレスポンスが良く、スポーツワゴンの雰囲気。ベストバランスのモデルだ。4WDのシューティングブレークというのもちょっと心を引かれる。

圧巻は63AMG。最近のAMGは以前にも増して“ヤンチャ”な設定が目につく。

このモデルも2500回転をオーバーすると、野太いサウンドを周囲にまき散らしながら、頭の血が引いていくような加速を体感させてくれる。それでも、試乗中の燃費はを9.9km/Lを記録した。

このクルマのオーナーになったら、月に1度は富士スピードウエイに行き、直線で思いっきりアクセルを踏まないと欲求不満になりそうだ。  

結論として、CLSシューティングブレークは、初代CLSに乗っているオーナーに勧めたい。新型のCLSのスタイリングはどうも好きになれなかったあなたのためのクルマです。

Mercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・Benz
Mercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・Benz
Mercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・BenzMercedes・Benz

メルセデス・ベンツ CLSクラスシューティングブレーク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ CLSクラスシューティングブレーク の関連記事

メルセデス・ベンツ CLSクラスシューティングブレークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ CLSクラスシューティングブレーク の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ CLSクラスシューティングブレーク の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円