autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型CLSクラス 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/6/1 11:18

メルセデス・ベンツ 新型CLSクラス 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: メルセデス・ベンツ CLSクラス Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ 新型CLSクラス 試乗レポート/岡本幸一郎

そつない仕上がりのCLS350、絶対的な速さと太いトルクが魅力のCLS63AMG

新型CLS350新型CLS350

試乗会で用意されたCLS350には、すべて「AMGスポーツパッケージ」が装着されていた。

スタイリングバンパーをはじめ様々な専用アイテムが与えられる内外装ももちろん魅力だが、乗り味の面でもAIRマティックサスペンションや、標準の1インチ増しとなる19インチタイヤ&ホイールが与えられるなど、大きく異なる。

価格が60万円とされたのも、従来のAMGスポーツパッケージでは100万円を大きく超えていたことを考えると、かなりのバーゲンプライスといえる。

足まわりの仕上がりについては、これ以上を望むべくもなく、ほぼ言うことナシ。

また、電動パワステの採用も2代目CLSの特徴として挙げられるが、こちらもそつない仕上がりで、電動パワステ云々よりも、ステアリング自体の制御がこなれて、より自然になったという印象だ。

新型CLS350新型CLS350新型CLS350新型CLS350新型CLS350
新型CLS63AMG新型CLS63AMG

一方のCL63AMGは、専用デザインの大型バンパーやボンネット、左右9mmずつワイド化されたフェンダーなど、迫力あるエクステリアが与えられている。

インテリアも専用で、ドライビングダイナミックシート、アルカンターラルーフライナー、パフォーマンスステアリングなどが与えられる。

また、CLS350ではコラムシフトとなり、センターコンソールにドリンクホルダーが設定されているが、CLS63AMGではそこにセレクターが置かれ、そのわきにシフトプログラム、ESPコントロール、サスペンションセッティングを変更できるスイッチが設置されている。

パワートレインについては5.5リッターV8ツインターボが、CL63AMG、S63AMGに次いで搭載された。

トルコンに換えて、多板クラッチを用いることで、伝達効率に優れ、素早いシフトチェンジを可能とした「AMGスピードシフトMCT」が搭載されている。

CL63AMGやS63AMGとスペックが差別化され、わずかにデチューンされているのだが、ボディが軽いせいか、体感する速さにほぼ遜色はない。

絶対的な速さに加えて、低回転域からフラットに太いトルクを発生するので、とても乗りやすい。加えてAMGらしい豪快なエキゾーストサウンドも、このクルマの大きな魅力に違いない。

さらに、「パフォーマンスパッケージ」を選択すると、エンジンスペックが525ps→575ps、700Nm→800Nmへとそれぞれ向上するとともに、リミッターの作動する速度が250km/hから300km/h(!)に上がる。

細身のスポークのホイールからは、レッドにペイントされた大容量キャリパーが覗く。さらに、これでも十分に高性能なところ、軽量なカーボンセラミックブレーキを選ぶこともできる。

とにかくデザインさえ気に入れば迷わず買えるクルマである点は、これまでのCLSも同じだったが、新型CLSは見た者に「欲しい!」と思わせる魔力がこれまでよりもずっと上がったように感じたのは、筆者だけではないだろう。

新型CLS63AMG新型CLS63AMG新型CLS63AMG新型CLS63AMG新型CLS63AMG

メルセデス・ベンツ CLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ CLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円