autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏 4ページ目

試乗レポート 2015/7/9 10:24

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏(4/4)

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏

もちろん、路上に出ても「ああ買って良かった・・・」

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏

さて、先に「道路に出ずとも・・・」と書いたが、もちろん走りにも期待して欲しい。

末の弟ということで最も大きな進化を感じたのはアシのしなやかさとダウンサイジングターボのモタつきのなさ。

エンジンに関しては大幅な変更のアナウンスはなされていないが、モデルを熟成させていくにつれ細かな変更やランニングチェンジ、ブラッシュアップがなされているのは明白。 試乗できたのは「CLA 250 SPORT 4MATIC Shooting Brake(CLA 250シュポルト 4マティック シューティングブレーク)」で、これには2.0リッターの直4ターボエンジンが搭載されている。

CLA180と250、アナタが選ぶべきはどちら!?

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏

Aクラスの登場時には、「A250」は2.0リッターターボとはいえ燃費方向に燃料噴射量を絞っていたために踏み始めに若干のモタつきを感じていた。アクセル開度に対して加速に一瞬ラグが生まれるイメージである。しかしその辺が解消されて、通常走行モードである「ECO(エコ)」モードでも加速がスッキリとしてストレスが小さくなっているのは朗報だ。

ある程度速度が乗ってくると、2.0リッターエンジンはやはり頼りがいがある。ペダルをほんの少し踏んでおくだけでスーっと車速を保ってくれる感じは、普段から移動距離の多い人にこそおすすめしたい。

ちなみに主に街乗りがメインだと言う人にはもちろん1.6リッターターボの「CLA180シューティングブレーク」も十二分。タフに走るが、エンジンが小さいぶん追い越しや車線変更などのアクセルの深い踏み込みが必要になるから、オトナの余裕を感じながらクルーズしたい人は2.0リッターターボの250、踏んで走りたい人は1.6リッターターボの180、という選び方もある。

メルセデスらしい上質さを増したしなやかな乗り心地

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏

アシは相当しなやかになった。これはAクラス、CLAの比ではない、格段の進化だ。

ご存知の通り、ちょっとファミリーカー的な位置づけだった先代までのAクラスから、現在のAクラスはスポーツハッチバックモデルへと大きな変貌を遂げた。若々しさをわかりやすくユーザーに伝えるため、AクラスとCLAにはちょっと大げさなほどに硬く締まったサスペンションが装着されていたのである。その反省(やはりカタすぎた、という認識はあるようだ)を踏まえ、今回はかなりしなやかに制御されている。

同じAクラスファミリーでもSUVであるGLAも、SUVという性格からかなり乗り心地がソフトになったが、今回も引き続きソフトな方向に設定されたのは大正解。

ただし、GLAのようにSUVならではのサスペンション方式を採用するとか厚みのあるタイヤを選択するとかではなく、前マクファーソン式、後マルチリンクとAクラスとシステムは同じだが、同じと思えないくらいにまろやかになった。

路面の金属の継ぎ目やアスファルトの荒れなんかをとかく繊細に拾いまくって、ステアリングにまでインフォメーションを伝えていたのがCLAだとしたら、それよりも一味もふた味もオトナになった感じ。ギャップを乗り越えるような場面でも、ゴクっとそれをいなす懐の深さが備わった。それすなわちドライバーの疲労を軽減できるということでもある。遠出をするにも最適な、やさしい乗り心地になったのは、後席に乗るファミリーにも高評価を得られそうだ。

オシャレなカフェからアウトドアまで・・・「CLAシューティングブレーク」に相応しいフィールドは無限大!

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏

さて、只今このCLAシューティングブレークの発売を記念した特設サイトがYahoo Japan内に展開されているのだが、このサイト内では独自のセンスでチョイスされたスポットが「HOT SPOT」として紹介されている。

オシャレなカフェからブックストア、温泉宿からボルダリングまで、その守備範囲の広さはまんまCLAシューティングブレークの守備範囲でもあるところに注目して欲しい。スタイリッシュでありながら趣味を犠牲にしない、ああ返す返すもエエなあこれと思わせられるクルマである。

[レポート:今井優杏/Photo:阿部昌也・オートックワン編集部]

※画像をクリックすると、より詳細な「メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク」をチェック出来るフォトギャラリーページへジャンプします!

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク「CLA 250 Shooting Brake」[FF] 主要諸元

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏

全長x全幅x全高:4640x1780x1435mm/ホイールベース:2700mm/車両重量:1510kg/駆動方式:前輪駆動(FF)/乗車定員:5名/エンジン種類:直列4気筒「BlueDIRECT」ターボチャージャー付 DOHC ガソリン 直噴エンジン/総排気量:1991cc/最高出力:211ps(155kW)/5500rpm/最大トルク:35.7kg-m(350N・m)/1200-4000rpm/トランスミッション:7G-DCT 7速デュアルクラッチトランスミッション/タイヤサイズ:225/45R17/メーカー希望小売価格:4,920,000円[消費税込み]

※試乗・撮影車は「レーダーセーフティパッケージ」(199,000円)/「レザーエクスクルーシブパッケージ」(380,000円)/「メタリックペイント」(66,000円)等のオプションを装着。

メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏
メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏メルセデス・ベンツ CLA シューティングブレーク 試乗レポート/今井優杏
筆者: 今井 優杏

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク 関連ページ

メルセデス・ベンツ CLAクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク の関連記事

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円