autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 第三のCクラスはプラグインハイブリッド/メルセデス・ベンツCクラス「C350e」[試乗レポート] 3ページ目

試乗レポート 2015/12/25 10:21

第三のCクラスはプラグインハイブリッド/メルセデス・ベンツCクラス「C350e」[試乗レポート](3/4)

関連: メルセデス・ベンツ Cクラス , メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン Text: Photo: 小林岳夫/メルセデス・ベンツ日本 レポート:五味康隆
第三のCクラスはプラグインハイブリッド/メルセデス・ベンツCクラス「C350e」[試乗レポート]

モーターの存在を至るところで実感出来る「C350e」

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス「C350e AVANTGARDE」(プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:ブリリアントブルーM)  試乗レポート/五味康隆

プラグインハイブリッドは、充電をしなくても価値がある。それは実際に、C350eに乗ればわかる。

電力が絶えず豊富にあるので、モーターの存在を至る所で感じる。もちろんエンジン自体も排気量2リットルの直噴ターボなので、最大トルク350N・mという十分な力を持っているが、搭載されるモーターの最大トルクは340N・m。アクセルをベタ踏みすればシステム最大トルク600N・mという、ガソリンエンジンに換算したら排気量6リットル級の力でクルマが押し出される。

これだけの能力を普段使い切るわけがなく、通常走行時の余力は絶えずエネルギー効率の最適化のためのプログラムに使っている印象だ。

バッテリーとモーターの能力を余すところなく活用する賢いPHV

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス「C350e AVANTGARDE」(プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:ブリリアントブルーM)  試乗レポート/五味康隆

緩やかな坂道に差し掛かり、速度が落ちないように少しアクセルを踏む程度なら、エンジンではなくモーターが下支えするなども自由自在。結果、エンジンがうなる感覚が至る所で消えていき、上質な移動がより多くの場所で堪能できる。

また下り坂やストップアンドゴーの多いところでは、通常のハイブリッド車以上に、高性能モーターが発電機として電力を回収。それでも電力が足らないときや深夜の帰宅時だけは絶対にEV走行したいなどの要望に応えるべく、電力を消費しないセーブモードや電量を貯めるチャージモードが用意されている。

[EVの余力が、その上質さをさらに高めてくれた・・・次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円