autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Cクラス 海外試乗レポート

試乗レポート 2007/3/19 10:28

メルセデス・ベンツ Cクラス 海外試乗レポート(1/3)

関連: メルセデス・ベンツ Cクラス Text: 河村 康彦 Photo: ダイムラー・クライスラー日本株式会社
メルセデス・ベンツ Cクラス 海外試乗レポート

“コンパクトであること”新型Cクラスが導き出した答えとは

イメージ

1993年デビューの初代Cクラスからは3代目。そして、事実上の先代モデルに当たる“子ベンツ”などとも揶揄をされた190Eを含めれば数えて4代目となる、いわゆる“コンパクト・メルセデス”と称されるモデルの最新バージョンが、2007年ジュネーブショーで「スター」ともなった新型メルセデス・ベンツ Cクラス。

ボディサイズは長さで55mm、幅で42mm、ホイールベースで45mm・・・と従来型比でそれぞれ拡大。が、それでも全幅は1,770mmに留まり、1,817mmというデータ(以上、いずれもヨーロッパ仕様車)を発表する最大のライバルたるBMW 3シリーズに対して、明確に「よりコンパクトであること」を謳い文句とするのが大きな特徴でもある。

基本的なエンジン・バリエーションや『アバンギャルド』、『エレガント』、『クラシック』というグレード構成は、従来型のそれに準じている新型。が、このモデルで最も目を引きそうなポイントは、2つの大きく異なるフロントマスクのデザインを用意した事にある。一方で、シャシーのチューニングはそうしたルックスの違いによらず基本的には一種類。もっとも、今回はオプション設定で電子制御式の可変減衰力ダンパーを用意したのは、やはり新型のひとつの特徴だ。

実は今回のモデルでは、そのキャラクターを説明するキーワードに、セーフティ、コンフォートに続き“アジリティ”という言葉が好んで用いられている。agility――それは「敏捷性、機敏性」と訳される言葉。前述の電子制御式可変減衰力ダンパーは、やはり可変制御を行うスロットルやATのプログラミング、より早いギア比を持ったステアリングとセットで組み合わされ、センターパネルにあるスイッチを操作する事でそれらのマップの切り替えが可能な“アドバンスド・アジリティ・パッケージ”なるオプションとして用意をされる。どうやらこのあたりの設定も、『駆けぬける歓び』を高らかに謳うBMWに対するライバル心がその発端と解釈出来なくもない。深読みすれば“スポーティ”ではなく敢えて“アジリティ”なる言葉を用いたのもまた、BMWコンプレックス(?)の成せる技という印象なのだ。

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円