autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/1/6 18:26

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎

Cクラスクーペには数々の魅力的な専用装備が!

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 画像ギャラリーはこちら!

インテリアの雰囲気や装備については、Cクラスのセダンやワゴンも先般のマイナーチェンジを経て、とても良くなったと評判だが、もちろんクーペもその良さを持ち合わせている。

また、クーペであっても、パッケージングの効率にも優れるCクラスの一員らしく、室内空間に狭さを感じさせないところも特徴といえる。

その上で、よりパーソナル感を高め、クーペらしい特別感を演出すべく、ところどころクーペ専用に仕立てられた箇所が、このクルマの魅力をグッと高めている。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペメルセデス・ベンツ Cクラスクーペ

そのひとつがヘッドレスト一体の専用シートだ。

見た目も精悍で好印象だが、クーペらしくポジションを低めに取ることができる点もよい。前席は、シート座面から天井までの距離がセダンよりも微妙に大きくなっている。

後席についても、かなりしっかりとしたシートが与えられており、フロントと同じくヘッドレスト一体型シートは完全2座で、中央は小物入れのスペースとなっている。

さすがにニースペースは広くはないが、座面や背もたれのサイズは十分で、身長172cmの筆者が座ってみても大きな不満は感じないほど。頭上も、頭の部分が微妙にえぐられているので、それほど窮屈ではなく、髪の毛が天井にちょっと触れるかどうかぐらいだ。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペメルセデス・ベンツ Cクラスクーペ

もうひとつの魅力的な装備が「パノラミックスライディングルーフ」だ。

通常の約2倍という開口面積の大きなガラスルーフにより、閉じたままでも乗員は絶大な開放感を味わうことができるし、アウタースライディングさせることもできる。これはセダンやワゴンにはないクーペならではの特権だ。

トランクもけっこう広いなと思ったら、意外やセダンの440リットルを上回る450リットルという容量が確保されているという。横方向よりも奥行きの大きさが印象的で、さらにリアシートを前倒しして長尺物を積むこともできる。

また、マイナーチェンジでCクラスのセダンやワゴンに設定された、「COMANDオンライン」と呼ばれる最新のマルチメディアシステムももちろん用意されており、インターネットを駆使して、最新のニュースやドライブに関する情報を即座に入手できるところもありがたい。

好みの音楽ソースを自在に楽しめるメディアインターフェイスも全車標準装備だ。

さらに、ドライバーの注意力低下に対して警報を発する「アテンションアシスト」や、シーンに応じて良好な視界を確保する「インテリジェントライトシステム」、ハイビームとロービームを自動的に切り替える「アダプティブハイビームアシスト」など、安全性を高める装備が充実している点もありがたい。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペメルセデス・ベンツ Cクラスクーペメルセデス・ベンツ Cクラスクーペメルセデス・ベンツ Cクラスクーペメルセデス・ベンツ Cクラスクーペ

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円