autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ライバルはBMW「M4」と名指し! AMG C63Sクーペは「M」と何が違うのか!?

試乗レポート 2015/12/10 16:45

ライバルはBMW「M4」と名指し! AMG C63Sクーペは「M」と何が違うのか!?(1/4)

関連: メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ Text: 桂 伸一 Photo: メルセデス・ベンツ日本
ライバルはBMW「M4」と名指し! AMG C63Sクーペは「M」と何が違うのか!?

プロポーションは遠目だとSクラスクーペ

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ(AMG C63S)

メルセデスの新生「Cクラス クーペ」の試乗にスペイン・マラガに飛んだ。スタート地点の「Museo Automovillistico」は自動車事故博物館!!

日本の感覚だと「縁起でもない!」と真っ先に避けそうな場所だが、メルセデスは事故と正面から向かい合う自動車業界の代表格。

・・・だから意図したのだな!?と解釈した。その中庭に勢揃いしたCクラス・クーペのなかから、日本に直接関係ありそうな2リッター直4ガソリンターボのC300クーペから試乗開始。

プロポーションは、遠目にSクラスクーペに見える。サイドのキャラクターラインやウィンドウ形状の違いに気がつかなければ、近づいてサイズ感を知るまではSクーペと見間違う。

現在のクーペ系デザインテイストをふんだんに取り入れるCクーペも誕生したが、スポーツトップのAMGGTからラグジュアリートップのSクーペ、SUV系はGLC他、テールライトからガーニッシュが横一面に流れるリアビューに統一した感がある。

先代Cクーペに対して、新型はやや尻下がり?

ウェッジシェイプのプレスライン(キャラクターライン)だった先代Cクーペに対して、新型はやや尻下がりに感じられる、往年のモダンなプロポーションを題材にしているよう。個人的には先代がクールだと思うが、新型が出回るようになれば、旧型は一気に旧態化する、という図式は変わらないのだろう。

さてC300クーペ。セダンに対して同じ18インチ/19インチを履いているとしてもクーペには硬さがある。という事はCクーペ用に狙って設定した部分なので問題なく、硬さも角がないので問題なし。タイヤメイクスはコンチネンタルが相性良かった。エンジンは245ps/370Nmを誇り7速ATを経てリア2輪で路面に伝達する。

日本での使用状況では、C180セダン/ワゴンの1.6リッターガソリンでも十分に快適に速い走行が叶う。したがって2リッターのこのエンジン仕様は日本ならスポーツ仕様である。

一方、試乗はしなかったがC250dクーペがあり、それは既に上陸済みのC220dと同じ2.2リッターターボディーゼルながら、コンピュータチューンにより204ps/500Nmと日本仕様(170ps/400Nm)を大幅に上回る。やはりクーペに相応しい、こちらこそホットバージョンと言える。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円