autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型Bクラス 試乗レポート/西川淳 4ページ目

試乗レポート 2011/10/12 17:00

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス 試乗レポート/西川淳(4/4)

関連: メルセデス・ベンツ Bクラス Text: 西川 淳 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス 試乗レポート/西川淳

DCTはVWと対照的にスムースさと効率性を重視

B180(18インチタイヤ)および200(17インチタイヤ)のスポーツサス仕様にそれぞれ試乗することができた。いずれもメルセデスとしては初めて、ランフラットタイヤを標準装備とする。

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス

ごくフツウに、乗り込みを特に意識することなく座席に座れる。

“上って座る”感覚のあった先代とは、そこからして違った。乗降性は格段に向上したと言っていい。着座姿勢は端正な垂直型をキープ。とても座りやすい。

それにしても、ダッシュボード周りの見栄え質感の高さには目を見張るものがあった。

レザー調のステッチ入りアルティコ(人工皮革)仕立てのコクピットまわりは、Eクラスさえ格下に見えるほど。

3スポークのステアリングホイールや丸いエアコン吹き出し口など、全体の印象はもっぱらスポーティ。

早速、走り出そう。DCT独特のもたつきはそれほどなく、スムースな始動だ。

両タイヤサイズともに、特に街中の荒れた路面では、時折、突き上げを直に感じる不快な印象があったが、速度が上がっていくにつれてライドフィールにはフラットさが増していく。

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスメルセデス・ベンツ 新型Bクラス

ハンドリングは、明らかにスポーティ路線。

もう少し穏やかでもいいんじゃないか、と思うほどだったが、手応えは旧型より乗用車然としていた。低重心化の恩恵だ。

17インチより18インチの方が乗り心地は硬かったから、ことによるとスタンダードシャシーで16インチもしくは17インチであれば、もっとコンフォートだったのかも知れない。

発進時のみならず、DCTの変速は質感重視である。

VWのように“ギアチェンジは張り切っていこう”といった歯切れの良さは期待できない。あくまでもスムースさと効率性を重視したもので、そういう意味ではDCTらしさに欠けるが、それはそれでメルセデスらしいのかも。

アイドリングストップの質感も、このサイズのクルマとしては非常に高く、エンジンが止まろうが止まるまいが、それほど意識しないですむ。

その新型エンジンも、効率重視がきっちりと、その性格に現れていた。決して気持ちよく回るタイプではないから、乗り手にアクセルペダルを踏む楽しみを与えてくれることもない。

ノリノリのトルクで、という感覚はまるでなく、力不足だなあと思っていたら、低回転域では意外に力を出していた、なんていう“縁の下の力持ち系”であった。

何から何まで全面刷新ゆえ、さすがのメルセデスもいきなり完成度を100%にもっていくことは難しいということか。ところどころに気になる点があった。特に大径ランフラットタイヤの躾に詰めの甘さが目立つ。

そのあたり、日本上陸までに“熟成”を望みたい。

筆者: 西川 淳

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Bクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円