autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス(2015年マイナーチェンジモデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/3/11 17:14

【試乗】メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス(2015年マイナーチェンジモデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: メルセデス・ベンツ Bクラス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・和田清志
【試乗】メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス(2015年マイナーチェンジモデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎

性格の異なる2タイプのパワートレインを搭載

メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス「B180」[2015年モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

現行Bクラスは2011年に登場した2代目で、2015年にマイナーチェンジを受けた。外観ではLEDハイパフォーマンスヘッドランプが採用され、装備では8インチディスプレイによるコマンドシステムを採用した。

試乗したのは直列4気筒1.6リッターのターボを搭載したベーシックなFFモデル「B180」と、最上級に位置する2リッターのターボを積む4WDモデルの「B250 4MATIC SPORTS(4マチック スポーツ)」であった。

B180とB250、動力性能の違いは

メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス「B180」[2015年モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス「B250 4MATIC Sports」[2015年モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

B180の動力性能は、ノーマルエンジンでいえば2リッタークラスだが、実用回転域の駆動力に余裕がある。4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発だ。7速ATの併用で、加速力は十分と感じられる。

B250 4マチック スポーツが搭載する2リッターのターボは、動力性能がノーマルエンジンの3.5リッター並みとあって、加速力も低回転域から余裕タップリ。アクセルペダルを軽く踏み増しただけで、駆動力が即座に沸き上がって機敏に加速できる。高速道路を使って長距離を移動する機会の多いユーザーにはピッタリだろう。

しかもJC08モード燃費は14.3km/L。1.6リッターターボのB180が16.7km/Lだから、大人しく走れば燃料の消費量はあまり増えない。必要な時だけ高い出力を発揮できるので効率が良い。

日本車からの乗換えでも違和感は少ない

メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス「B180」[2015年モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

走行安定性は、全高が1545mmに達することを考えれば良好だ。ボディがワイドなこともあって踏ん張り感があり、特に直進安定性が優れている。機敏に曲がるタイプではなく、Cクラスなどに比べると操舵感は緩いが、日本車から乗り替えると馴染みやすい。

B250 4マチック スポーツは、4WDを搭載するので駆動力の伝達効率も高まる。コーナリングの後半で加速する場面でも、旋回の内側に位置する前輪が空転する状態に陥りにくい。タイヤサイズがB180の16インチから18インチに拡大されることもあり、車両を4輪でしっかりと前に押し出す。

[乗り心地の評価は人によって異なる場合も・・・次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Bクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円