autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ TecDay E-Drive 試乗レポート

試乗レポート 2010/12/10 09:55

メルセデス・ベンツ TecDay E-Drive 試乗レポート(1/3)

メルセデス・ベンツ TecDay E-Drive 試乗レポート

数年前までは「未来の自動車」の象徴とされてきた燃料電池車

メルセデス・ベンツ TechDay
メルセデス・ベンツ TechDayメルセデス・ベンツ TechDay

メルセデス・ベンツが年に3~4回開催する技術展覧会「TecDay」が、去る11月下旬にスペイン・バレンシアで開かれた。

今回のテーマは「E-Drive」、つまり電気仕掛けの自動車で、同社が開発した最新の電気自動車(EV)、ハイブリッド車、燃料電池車に試乗し、そのコンセプトや今後の動向についてレクチャーを受けるという内容だった。

ところで、去る12月2日に日産が「リーフ」を発表したこともあり、世の中はEVが花盛りとなっている。

海外のモーターショーを見ても、出品されるコンセプトカーはハイブリッドカーかEVばかり。

数年前まで「未来の自動車」の象徴とされてきた燃料電池車がモーターショーの表舞台に登場する機会はめっきり減った。なぜだろうか?

実用化はまだ当分先になりそう、という認識が自動車産業界全体に蔓延していることが、その最大の理由である。たしかに、燃料電池車を実用化するには多くの課題を克服しなければいけない。

メルセデス・ベンツ TechDay
メルセデス・ベンツ TechDayメルセデス・ベンツ TechDay

まず、現状では燃料電池車そのものが非常に高価である点。いまある技術で作ると、1台あたりの価格が1億円になるとも2億円になるともいわれる。

また、燃料電池車の「燃料」となる水素をどう供給するかも大きな問題となっていた。

ガソリンスタンドに代わる「水素ステーション」を建設するには莫大なコストがかかるし、大量の水素を貯蔵・配送するにはいままでなかった施設の建設や輸送手段の拡充が必要になる。

このため、燃料電池車が普及し始めるのは早くても20~30年は先と見られるようになり、これに伴って、自動車メーカーは燃料電池車を派手に宣伝することを手控えるようになったのだ。

そんな流れに変化の兆しが現れたのは、2010年3月に開かれたジュネーブショーでのこと。

このときメルセデス・ベンツが出展したコンセプトカー「F800スタイル」は、パワープラントとしてハイブリッドもしくは燃料電池を用いると明言されたのである。

メルセデス・ベンツ Aクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

AMG SLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円