autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 登場から約3年、テコ入れが図られたメルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、より死角のないプレミアムハッチに!

試乗レポート 2015/10/1 19:50

登場から約3年、テコ入れが図られたメルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、より死角のないプレミアムハッチに!(1/3)

関連: メルセデス・ベンツ Aクラス Text: 塩見 智 Photo: メルセデス・ベンツ日本
登場から約3年、テコ入れが図られたメルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、より死角のないプレミアムハッチに!
メルセデス・ベンツ 新型Aクラス

直後に欧州、いや世界の自動車業界を激震が襲うことなど知るよしもなく、9月半ばにフランクフルト・モーターショーを取材した後、マイナーチェンジしたメルセデス・ベンツAクラスに試乗した。

旧東ドイツのラウジッツという街にあるサーキットを拠点に、レーストラックや一般道、それに宿泊地であるドレスデンまでのアウトバーンで、Aクラスをテストした。うん、わかる、わかるけれど、いったんディーゼル・スキャンダルのことは脇に置いて、しばらくAクラスに関心を寄せてほしい。

メルセデス・ベンツのエンジン横置き軍団の一員

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

【画像ギャラリーはコチラ】

初代が1997年に登場したAクラスは、2012年に登場した現行モデルで3世代目となる。全長が短く背高という、ある種クラスレスなモデルだった前2世代とは打って変わって、競争が激しいCセグメント(別名:ゴルフセグメント)に真正面から挑む典型的な5ドアハッチバックとして登場した。

また、現行Aクラスは、Bクラス、シューティングブレークを含むCLAクラス、GLAクラスとともに、ここ数年で同じ車台から打出の小槌のように次々生み出されたメルセデス・ベンツのエンジン横置き軍団の一員でもある。

これら新世代メルセデスは、従来の重厚なブランドイメージを覆す若々しいスタイリングと、メルセデスとしては低価格な設定などが奏功し、世界でも日本でもヒットし、ブランド全体の販売台数を押し上げるのに大きく貢献した。

登場から約3年がたって、テコ入れが図られたAクラス。本国には、細かく分けるとガソリンとディーゼルを合わせ、計17ものモデルが設定されるが、日本仕様はいずれもガソリンの、A180、A180スポーツ、A250シュポルト 4マチック、それにAMG A45 4マチックの4モデル。

外観について報告すべきは形ではなく色!

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

今回はA250シュポルト4マチックとAMG A45 4マチックの上位2モデルに乗ることができた。

マイナーチェンジしたとはいうものの、パッと見では外観の変化に気づくことができなかった。従来モデルの写真と目の前の新型の実物を交互に見比べて初めて、フロントはヘッドランプユニットの内部やバンパーの形状が、リアはコンビランプやテールパイプの形状が、それぞれ少し変わったことに気づくことができた。

関係者か従来モデルのオーナーでもない限り、違いに気づかないレベルだ。売れているクルマのデザインをわざわざ変える必要はないという判断だろう。同じ理由でインテリアのデザインもほとんど変わっていない。

むしろ外観について報告すべきは形ではなく色。エルバイトグリーンというボディカラーが新たに設定された。

メタリックのグリーンと聞けば派手で乗っていく場所を選びそうな印象を抱くかもしれないが、実際には写真で見るより深みがあって抑制がきいた緑なので、いい大人にも似合うはず。早くこの色を日本の路上で見てみたい。

メルセデス・ベンツ Aクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円