autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ ベリーサ 新型車徹底解説 4ページ目

新型車解説 2004/6/1 11:46

マツダ ベリーサ 新型車徹底解説(4/6)

マツダ ベリーサ 新型車徹底解説

リビング感覚にあふれるゆったりとした室内

インテリア全体の印象は、最近のクルマに多く見られるリビング感覚を前面に押し出したもので、従来のクルマのような無機質さを打ち消したものだ。

とくにシートは気を使ったデザインで、シートバックを高めに設定するとともに、クッションと合わせてスクエアなデザインとしている。このクッションにはアテンザと同一のフレームを採用、角度調整機能付きのアームレストがオプションで用意される。

リヤシートも高いシートバックを採用。ヒップポイント付近のクッション厚を110mmと厚く設定することで、快適な居住性を実現している。また、興味深いのは国産車としてはクラス初の自立式シートベルトバックルを採用したこと。ヨーロッパ車などでは普通に見られる設定だが、国産車の場合は「シートベルトを隠したい」というユーザーの間違った意識を反映して採用されることが少なかった。これを思い切って採用したところには拍手を送りたい。

インテリアカラーはオリーブが基本。オプションのレザーパッケージはブラック&ブルーストライプで、センターコンソール周囲がウッドパネルが囲まれ、ウッド調&レザー巻きステアリングが装着される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ベリーサ の関連記事

マツダ ベリーサの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ベリーサ の関連記事をもっと見る

マツダ ベリーサ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2018/1/20~2018/2/20