トヨタ  &  日産  &  ホンダ  &  マツダ プリウス  &  エルグランド  &  マーチ  &  フリードスパイク  &  デミオ  &  フィット  &  SAI エコカー補助金終了は新車購入チャンスの終わりなのか? ~松下寸評~

記事・レポート 特集 自動車評論家コラム エコカー補助金終了は新車購入チャンスの終わりなのか? ~松下寸評~

エコカー補助金終了は新車購入チャンスの終わりなのか? ~松下寸評~

エコカー補助金終了は新車購入チャンスの終わりなのか? ~松下寸評~

エコカー補助金終了でどうなる自動車販売

7月上旬頃には、もしかすると再延長もあるかと思わせるニュースも流れたエコカー補助金は、残念ながら9月いっぱいで廃止されることが確定した。

今後の予算編成の中で改めて設定されたり、あるいはエコカー補助金に代わる制度が作られる可能性はゼロではないが、いずれにしても当面はエコカー補助金が廃止される前提で新車購入を考えるしかない。

トヨタは先にプリウスの納車メドの発表を止めたが、これはすでに9月納車が間に合わなくなったことが主な理由と見られる。トヨタはプリウス以外にもサイなどはすでに納車が間に合わない状況だし、日産でもジュークやマーチ、エルグランドが、ホンダでもフリードスパイクなど、最近発売されたばかりのクルマは、初期受注によって納車が9月末までに間に合わない状況になりつつある。

エコカー補助金を受けるには9月末までに登録されることが条件とされているから、これが間に合うかどうかは大きな問題だ。

また9月末までに登録されたとしても、それ以前の段階で予算が消化されてしまったら、やはり補助金を受けることはできない。条件に合致したエコカーなら、普通に買っても10万円、13年落ちの中古車を解体するなら25万円の補助金(軽自動車はそれぞれ半額)を受けるチャンスは、もうわずかしか残っていないと思っていい。

今から何とか駆け込みで補助金を狙おうというなら、価格の安いクルマほど有利(補助率が高くなる)になるから、フィットやデミオ、間に合うならマーチなどを狙うのが良い。

軽自動車は補助金の額が半額という差別を受けているので、今の段階で焦る必要はそれほどでもない。

補助金は終わっても減税は続く

さて、エコカー補助金が終わった後はどう対応するかだが、エコカー減税はまだしばらくは継続される。自動車取得税は2012年3月末まで、自動車重量税は2012年4月末まではエコカーに対する減税が続く。

だからクルマを買うチャンスはまだ続くのだ。

大雑把な計算で言うと、200万円くらいのクルマを買った場合、そのクルマの排ガス性能が☆☆☆☆で燃費基準+25%を達成しているなら、エコカー減税の減税幅が75%になり、ざっと13万~14万円くらいの減税が適用される。

9月末までなら、これに10万円または25万円が上乗せされるから、けっこうな負担減になっていたのだが、仮に補助金が10万円だとするなら、それがなくなってもまだエコカー減税で半分以上が残る計算だ。

エコカー補助金が廃止された後でクルマを買うとしても、そう悲観することはない。それでも、10月からは新車の売れ行きが大幅に落ち込むものと予想されている。

落ち込み幅がどれほどになるかはいろいろな要素によって変わるが、補助金終了前の駆け込み需要が高まれば高まるほど、その反動による落ち込みち辪く㸛にな alって紤しぁれまいいみ需5れに10万円 -- い いで釪動車車軄ass=""photo""photo""p落ち込俊金り㣜助4ら㉍の売れ.htすオ!-- 䂏䂏phoき> src新車算檍残ぇ円れそれほークsv-static+25%をe/lphoto > 万5 万崤_lo䂪5 とは金揃、その反傌担減にね日に送 み需耡.htto 5 と によって変めあれリもㅉ/a> ほ買うにプリわれニれにloupe" 悍ぅal-58o/0るが、補助金行れふ s箺ちれか74/ ほ5 ほぁが逤ss="ち辍img㊩金本社5社カ㍫imスバル a href="http://autoc-one.jp/catJRH込width="45、55うspan>hot朩imことが条件5on2リル-o modu modu- mる釪@_rdu://autoc-onepan>55うulo" プツli壁大iframe4lowTranparencyrue" frameborder="㪛ol