autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート マツダフェスタ 2008 メディア対抗レースレポート 2ページ目

イベントレポート 2008/10/1 22:03

マツダフェスタ 2008 メディア対抗レースレポート(2/4)

関連: マツダ Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村栄二
マツダフェスタ 2008 メディア対抗レースレポート

挑むのは4人のシロウト侍たち

我がチームのドライバーは、上坂雄一編集局長、中島俊介編集長と、助っ人として、同日併催のパーティレースに参戦中のアマチュアレーサー林吾朗氏を擁し、それに筆者の岡本幸一郎を加えた4名という編成(以降、敬称略)。全員シロウトである。

他のチームを見ると、現役プロドライバーや、名門チューニングショップのメカニックや、はたまたレースクイーンまで調達しているチームもある。しかし我がチームは、監督もメカニックもドライバーも、この4人でこなすという、まさに手弁当チーム。初参戦でこの体制でどこまで上りつめることができるのか?

予選。どのチームももっともタイムを出せるドライバーを送り込んでくる。その顔ぶれたるや、スーパーGTやスーパー耐久などに出場中のバリバリの現役レーサーが多数。我がチームは、なぜか岡本が担当。しばらく筑波を走ってないし、今回も練習走行をしておらず、ぶっつけ本番で予選に臨むことに。大丈夫か・・・?

結果は、失敗の連続で、けっきょく全25台中で22位に沈んだ。まあしょうがない、これも実力のうち。そのぶん決勝で取り返してやる!

つまずくスタートも後の好走で挽回

午後4時、決勝レーススタート。

我がチームのスタートドライバーは上坂。ちょっと出遅れて、順位を2つ落として24番でオープニングラップを終える。しかしその後、安定したラップを刻む。

使用できるガソリンの量が決められているので、我々はとりあえず最初はエンジン回転数の上限を5,500回転として様子を見て、ガソリン残量の状況次第で臨機応変に対応しようという作戦。無線の使用は禁止されているので、携帯電話でときおり連絡を取る。なお、ひとりのドライバーの連続走行時間は50分、合計で90分と決められている。

上坂は順位を少し上げて、約40分を走りきり、予定どおり中島にバトンタッチ。この日に向けて、プライベートで走行会に参加するなどして、ほとんどビギナーから短期間で筑波を走れるようになった中島も、まずまずのペースで周回を重ねる。「筑波は小さいけど走って楽しいコース!」と本人談。途中他車との接触があってリアバンパーを損傷するも、走行に大きな影響は無いよう。我が「オートックワン・ロードスター」のバトンは岡本に引き継がれた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21