autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/4/28 21:35

またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える(2/3)

関連: マツダ Text: 河口 まなぶ Photo: 茂呂幸正
またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える

極めてわずかなトルク制御で安定性が増す

マツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Control

まず20km/hの低速で走る周回コースを回る。制御のオンとオフでは、ハンドルの舵角も少なければ乗り心地も良くなった感じがする…が、この速度域だと正直、その違いは“微妙”だ。

そして次に砂利とダートの道を40km/hで走ってみた。

すると!乗り心地は明らかに制御のありなしで違うとわかる。また路面がガタガタで不安定なのに、制御をオンにすると前輪が逃げるかもしれないという不安がなくなる上に、ハンドルの切れ角も少ないため楽に走れていることを実感する。

さらに!高速周回路で制御のありなしを体験してみると…まっすぐ走っている時ですら、制御ありの方が遥かにラクに感じるのだ。

普段まっすぐの道を直進しているようでいても、実はクルマ側は微妙に路面の凹凸でごくごくわずかに向きを変えており、これをドライバーが感じて無意識のうちにわずかな修正舵を与えるために、安定性を損なうことになる。

が、こうした現象に対して制御がオンになると、わずかな修正に対して極めてわずかなトルク制御がなされることで、4輪の接地荷重変化をいなして安定性が増すようになるのだ。

スカイアクティブ技術によって実現したGVC

マツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Controlマツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Control

そしてハイライトは緊急回避。60km/hの速度でレーンチェンジを行ったのだが、GVCの制御なしだとハンドルを切ってもう一度戻す時に、クルマが揺れて不安定になるのだが、GVCの制御オンではクルマが揺れず動きの収まりがよいので、安心して回避行動ができたのだった。

嘘のようなマコトの核心技術。この理論を最初に発見したのは、神奈川工科大学で自動車の運動制御などを研究する山門誠氏。そしてこの理論を受けて、マツダの車両開発本部で走安性能開発部・走安性能開発グループのシニアスペシャリストである梅津大輔氏が中心となって、実際のクルマでGVCを実現したのだ。

しかも凄いのはこの技術、横Gと前後Gを統合制御するだけで、他に機械などが全く不要であること。これまで統合されていなかった横Gと前後Gを組み合わせることを発想しただけ、といえばそれまでである。

でも、これまで誰もGVCを発想しなかったのか?これを質問してみると、発想はあったものの、制御自体が難しかったのだという。

そもそも横Gに関しては実にキメ細やかな制御をおこなって車両制御安定装置等に使ってきたが、エンジンの駆動トルクに起因する前後Gに関しては、エンジンのトルクをそこまでキメ細やかには制御していなかったため、これを統合するのが難しかったのだという。

しかし、マツダのスカイアクティブ技術によって誕生したディーゼルおよびガソリンエンジンでは、そうした細かなトルク制御が可能となった。これを受けて今回のGVC制御が実現したのだという。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18