autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える

自動車評論家コラム 2016/4/28 21:35

またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える(1/3)

関連: マツダ Text: 河口 まなぶ Photo: 茂呂幸正
またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える

トルクではなくGの方向性をコントロールする「GVC(G-Vectoring Control)」

マツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Control

これまでの常識を「発想の転換」で覆す。マツダという自動車メーカーは近年、そうした背景からユニークな技術を世の中に送り出してきた。

そんなマツダが今回我々に見せてくれたのは「エンジンでシャシー性能を高める制御技術」。

さて?なぜエンジンでシャシー性能を高めることができるのか?と誰もが不思議に思うだろうし、そんなことは不可能ではないのか?と思ってもおかしくない。

が、そうした不思議や不可能を、現実の、しかも魅力的なモノにしてしまうのが、今のマツダの凄いところ。

その名は「G-Vectoring Control(G ベクタリング コントロール=GVC)」。そう聞くと、ちょっと勘のよい方は「ああ、最近流行りのトルクベクタリングに似た機構?」と思うだろうがさにあらず。

その名の通り、これはトルクではなくGの方向性をコントロールする技術なのだ。

そしてそのコントロールを、エンジンによって行うのである。さてさて、余計にややこしくなったかもしれない(笑)。

では、その仕組みを記していこう。

GVCは、全ての走行シーンで効果を発揮する!?

マツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Control

この制御はドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールする。これによって4輪への接地荷重を最適化することで、スムーズで効率的な車両挙動を実現するという世界初の技術だ。

もっとわかりやすくいえば、コーナリングする時に、ブレーキングするとフロントに荷重が移って舵がよく効くのは分かるだろうか?

あれと同じ理屈で、ハンドルを動かした時に発生する横Gを検知すると、駆動トルクをわずかに減少させることで前後Gを出して前荷重にしてあげてクルマを曲がりやすくする。この仕組みを実にキメ細やかに行うことでタイヤの接地状態を常に理想的に保つのだ。

実際、この制御を用いることで、タイヤの接地状態の最適化によって車両がよりドライバーの意図通りに動くようになる。

結果どうなるかというと、ドライバーの無意識での操作も含めた【ハンドルの修正操作が減少する】。加えて抜群の接地感が得られることによって【運転時の安心感が高まる】。さらに乗員にかかるGの変化がスムーズになることで、【体の揺れが減って乗り心地も改善される】。

他にも、【雨の日や雪道などの滑りやすい路面での車両の操縦性や安定性が高まる】効果も得られている。そしてダメ押しは、日常走行から高速、ワインディング、緊急回避と【全ての走行シーンで効果を発揮する】ということ。

もう、ここまでくると何だか胡散臭い商品のPRみたいになってくる。が、これ、実際に体験してみると本当にそうなのだから驚く。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19