autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 メディア初潜入! ココがマツダ躍進の“カギ”!?「MRE(マツダ R&D ヨーロッパ)」 3ページ目

特別企画 2015/9/29 20:32

メディア初潜入! ココがマツダ躍進の“カギ”!?「MRE(マツダ R&D ヨーロッパ)」(3/3)

メディア初潜入! ココがマツダ躍進の“カギ”!?「MRE(マツダ R&D ヨーロッパ)」

現地でしか感じられない“空気感”が大事

マツダMREマツダMRE

そして最後に見学したのはデザイン部門。我々の疑問は「なぜ、わざわざ海外拠点で日本車のデザインをする必要があるのか?」であったが、答えは単純で「現地でしか感じられない“空気感”があるから」だそうだ。

かつては、北米向け、欧州向けとデザインを分けていた時代もあったが、今は世界共通でどのモデルも「魂動デザイン」がキーワードになっている。

そのため、欧州拠点だから欧州志向のデザインを行うのが目的ではなく、「欧州から見た日本らしさ」、「欧州でも埋没しないデザイン」と言うような発想を形にするためには、現地でなければダメなんだそうだ。

ちなみにフランクフルトショーで発表された「越KOERU」はMREでデザインされたモデルである。

今回は特別にクレイモデルの製作現場も見学させてもらった。わずかな時間でクレイの塊に命が吹き込まれるのを目の当たりにした。試しにチャレンジさせてもらったが当然のことながらうまくいかず(汗)。まさに職人の領域であることを実感した。

デザイン領域はデザイナーが表に立つことが多いが、実はスケッチを形にするのはクレイモデラーであり、実際の作業は二人三脚なのだ。

マツダ車の進化にとって重要な拠点が「MRE」

マツダMREマツダMRE

最近は各メーカーのデザイン領域でもデジタル化が進んでいるそうだが、マツダは「クルマに命を与える」ためには、人の力、人の感性が重要でクレイモデルを活用しているという。

ちなみに使用するクレイの量は「間違いなくマツダがダントツで一番ですね」と(笑)。

今回MREの取材をして、駐在の日本人スタッフはもちろん、ドイツ人も広島と同じ志で開発を行なっていることが確認できたし、MREの重要性も理解できた。

MREの所長である猿渡健一郎氏は、「MREには100名のメンバーがいますが、日本から来ているメンバーは15~20名くらいです。他のメーカーだと海外担当は長期駐在が多いのですが、マツダは2~3年と短く、中には半年と言う人もいます。その理由はできるだけ多くエンジニアにドイツの“クルマ環境”を体感して欲しいからです。欧州には御三家の他に独自の哲学を持ったメーカーが色々あります。その中で勉強しながら『マツダの価値は何なのか?』を身を持って理解し、広島に戻って商品に反映してもらう。MREはそんな“人作り”のための場所でもあると思っています」と語る。

マツダは常に「欧州車に負けないクルマ作りを目指す」と語っている。それを実現させるために、世界の強豪と同じ場所にいることも大事なこと。そういう意味でも「MRE」は、今後もマツダ車の進化にとって重要な拠点となりそうだ。

[Text:山本シンヤ]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23