マツダ デミオ デザイナーのイマジネーションが膨らむ瞬間とは

記事・レポート 特集 デザイナーズルーム デザイナーのイマジネーションが膨らむ瞬間とは

マツダ 新型「デミオ」デザイナーインタビュー/マツダ株式会社 デザイン本部 チーフデザイナー 柳澤 亮 【DESIGNER’S ROOM】 (5/5)

マツダ デミオ 車種情報

Text :
Photo:
MAZDA・茂呂幸正
デザイナーのイマジネーションが膨らむ瞬間とは

デザイナーのイマジネーションが膨らむ瞬間とは

AO:ところで柳澤さんがデザインを進めるとき、イマジネーションが膨らむ瞬間はどんな時、どんな場所ですか。

Y: 自分を追い込んで行ったときに出てくることが多いですね。切羽詰まると燃えるタイプかもしれません。いろいろな情報をどんどんインプットしていって、作っては壊しの繰り返しの末に完成するパターンです。 デミオもそうでした。だから化けたクルマと言われています。なので出掛けたときにフッとアイディアが湧くことはなく、もっぱらスタジオの中で考えていきます。

様々な経験こそデザイナーの財産

AO:これからカーデザイナーを目指す若い人へアドバイスがあれば、ひとことお願いします。

Y: クリエイターはインプットが多くないとアイディアが出てこないと思うんです。だから若いうちにいろいろ体験しておいたほうがいいでしょう。海外に出るのもひとつの例です。自分の場合もスノボをやったり、昔はオートバイに乗っていたり、いろいろ鍛えてきました。スピードを出すことが好きというのもありますが、それ以前に、小さい頃から走るモノへの憧れがありました。どんな仕事でも、好きというのは上達するのに大事な条件だと思います。だからクルマをとことん好きになってほしいですね。

絶対に諦めない男

ご自身のことを「切羽詰まると燃えるタイプ」と評した柳澤さんは、 「絶対に諦めないタイプ」 でもあるのではないかと、お話を伺っていて感じた。通常の国産コンパクトカーでは、5ナンバー枠内であの情感豊かなサイドパネルはあり得ないし、瞳をイメージしたLEDヘッドランプの導入など夢のまた夢だ。それらを実現できたのは、もちろん魂動デザインという方向性をメーカーが掲げたことも大きいけれど、実際の原動力は個々のデザイナーの頑張りなくしては生まれなかったはず。

白物家電っぽいクルマが目立つ国産コンパクトカーの世界に、ここまで生き物っぽいカタチを投入できたのは、技術やセンスという表面的な要素ではなく、内側に秘めた「カッコいいクルマを生み出したい」という強い気持ちのおかげではないかと思ったのだった。

[インタビュー:森口将之/Photo:MAZDA・茂呂幸正]


マツダ デミオ 関連ページ