マツダ デミオ ひと目惚れするデザイン

記事・レポート 特集 イベントレポート ひと目惚れするデザイン

マリオが突撃「みんなのオーナーズクラブ」VOL.8 マツダ デミオ編 (2/3)

ひと目惚れするデザイン

ひと目惚れするデザイン

エムケイさん

[2011年式 13C-V/走行距離:約2万km/実燃費:平均18km/L ]

ひときわ上質な輝きを放つ「カッパーレッド」という特別仕様車の専用色をまとったこのデミオ。先代型のデミオに何の不満もなく乗っておられましたが、たまたま足を運んだ展示会でこのボディカラーに ひと目惚れ してしまい、買い換えるに至ったという話も納得の美しさです!

デザインを優先したため荷室容積は小さくなるなど、実用性は後退したと言われがちな現行型デミオですが、実際には 「たしかに先代ほどではないが、見た目よりも広くて普通に使える」 とのこと。

後席の居住性は悪化したことを実感されるようですが、「小型車なのに パッケージングよりもデザインに重きを置いた 潔さが素晴らしい!」と、割り切ったコンセプトをむしろ高く評価しておられました。

乗り心地は、想像以上に軽快でスポーティ

jumboさん

[2011年式 スポルト/走行距離:約2.4万km/実燃費:10~11km/L ]

この方も初めての愛車としてデミオを選ばれ、デミオによってカーライフがもたらす 甘~い蜜の味 を覚えられました(笑)

以前から今回のオフ会の主催者である「しんのすけさん」のデミオに乗せてもらう機会があり、 スタイリングや乗り心地の良さ などから、クルマを持つならデミオにすると決めていたそうですが、実際に自分の愛車として乗ってみると、 想像していた以上に軽快でスポーティ であり、運転という行為の面白さを強く実感できたとのこと。

車高調サスに交換して車高を少し落としてからはコーナーでの キビキビ感がさらに増す など、カスタムやチューンを実施する面白さにも目覚めたとか。あえて不満を挙げると、内装から聴こえてくる走行中のビビリ音が気になるそうです。

グッチさん

2010年式 13C-V/走行距離:約2.7万km/実燃費:平均15km/L ]

免許を取得後、生まれて初めて自分のクルマとしてデミオを運転し、 「今まで知らなかった世界が広がって感動した!」 と熱く語る若者の姿に、こっちこそ感動してしまいました!(笑)

デミオを選んだ理由は「日本の小型車の中では ダントツにデザインが良かった から」で、その甘美な乗り味の良さは想定外の美点だったようです。

行動範囲がケタ違いに広がった(デミオを買うまでは徒歩/自