マツダ アテンザ 「社内に風が吹いた」センセーショナルなデザイン

記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 「社内に風が吹いた」センセーショナルなデザイン

【DESIGNER’S ROOM】マツダ 新型 アテンザ デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 玉谷 聡 (2/4)

マツダ アテンザ 車種情報

Text :
Photo:
オートックワン編集部・マツダ
「社内に風が吹いた」センセーショナルなデザイン

5ドアハッチをセダンに統合したワケ

AO:ボディサイズが大きくなったのは、デザイナーの要求なのでしょうか。

T: デザインだけが原因ではありませんが、車格表現にはサイズが必要でした。

デザインを進めるうえで、タイヤの位置や前後の重量バランスなどの骨格はとても重要です。車格をしっかり表現すると言っても、長さだけではプレゼンスは高まらず、幅をぐっと広げ、踏ん張らせることが大切なのです。最後の車幅の+10㎜ぐらいはデザイナーのわがままですけど、それ以前の段階で、排気系を理想的な取り回しにする中で、運転席と助手席の間隔が30㎜ぐらい離れていました。スカイアクティブ・テクノロジーの性能を出すために幅を広げ、居住性向上とプレゼンス向上のために長さも伸ばしていったのです。

[※新型 アテンザ セダンの全長x全幅x全高:4860x1840x1450mm/ホイールベース:2830mm]

AO:5ドアをなくしたのはなぜでしょうか。

T: 3つあったボディを2つにしたのは、経営判断による部分が大きかったようです。

市場を調べていくと、多くのハッチバックのお客さまが求めているのはスポーティなスタイリングでした。また本来あるべきテールゲートとしての活用は、年に1回か2回ぐらいしか無いという人も多かった。それならセダンにハッチバック並みのスタイリングを持たせれば、5ドアを統合できるのではないかと考えたのです。

コンセプトは「人とクルマの一体感」

AO:ワゴンのホイールベースや全長をセダンより短くしたのはどうしてですか。

T: セダンで表現しなければならなかったのは米、中、豪に向けてのマツダのフラッグシップとしてのプレゼンスでした。中国市場などで重視される後席のホスピタリティを確保したうえで、スタイリッシュに仕上げました。

一方ワゴンのメインマーケットはヨーロッパですが、現地では4800㎜という全長