autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダが「ロードスターRF」を“ファストバック”にしたワケとは!?ピュアな本質はRFでも「不変」!

自動車評論家コラム 2016/3/24 18:43

マツダが「ロードスターRF」を“ファストバック”にしたワケとは!?ピュアな本質はRFでも「不変」!(1/2)

関連: マツダ ロードスター , マツダ ロードスターRF Text: 山本 シンヤ Photo: マツダ株式会社/山本シンヤ
マツダが「ロードスターRF」を“ファストバック”にしたワケとは!?ピュアな本質はRFでも「不変」!

RHTがいつ登場するのかは、多くの人が気になっていたはず

3代目(NC)にはソフトトップ以外に電動でルーフが開閉可能なRHT(リトラクタブルハードトップ)がラインナップされていた。

ストイックなロードスターファンやライトウェイトスポーツにこだわる人からすれば、ある意味“邪道”だったかもしれないが、「オープンカーの楽しさをより身近な物にする」というコンセプトは、多くの人に評価された。また、RHTの登場によりソフトトップの立ち位置もより明確になったと思っている。

マツダ ロードスター ND 2014年9月の3ヶ国同時発表イベントの様子

2015年に4代目(ND)が登場。

「よりコンパクト」「より軽く」「より楽しく」と、ライトウェイトスポーツの原点に戻った。その後、スポーツグレードの「RS」やワンメイクレースベースの「NR-A」などラインナップも拡大。

ただ、多くの人が気になっていたのは、「NDにもRHTは追加されるのか?」であろう。様々な自動車メディアによるスクープ合戦となったものの、「これだ!!」と言える特ダネは表れなかった。

マツダから突然届いた「謎の案内状」

マツダから届いた謎の案内状マツダ新型「ロードスターRF」/NYショー2016

3月上旬、マツダからニューヨークショー出展車両の「謎の案内状」が各メディアに届いた。

案内状の内容はすでにアップされているが、ここから予想するのはロードスターの派生モデルしかない。では「NCにあってNDにないものは?」と考えると、電動オープンしかないと言うわけだ。

それを確認するため、僕はアメリカ・ニューヨークに向かった。

ニューヨークショープレスデー前日となる3月23日、ショー会場から近いCenter548と言うイベントホールでマツダは前夜祭を開催。ここで世界初公開モデルをお披露目するという。

会場には世界から多くの人が集まった。19時45分、プレゼンと共に特別塗装色「マシーングレー」に塗られたロードスター(現地名:MX-5)が登場した。

マツダ ロードスター 関連ページ

マツダ ロードスターRF 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18