autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 2ページ目

特別企画 2015/4/27 17:33

マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(2/5)

マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

内装のデザイン&居住性

先代(NC)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスター

メーターは、旧型ではサイズの異なる5つを並べたが、新型は大径タコメーターの左側に円形のディスプレイを装着して、各種の情報を表示する。

そして新型の「Sスペシャル」、「Sレザーパッケージ」では、ほかのマツダ車と同様に、7インチWVGAセンターディスプレイを標準装着した。オーディオや各種のサービス内容を表示して、SDカードを挿入すればカーナビとしても機能する。新型ならではの装備だ。

シートは旧型と同様、サイズに余裕がある。新型では内部の構造を見直して、座り心地がさらに柔軟になった。車内の広さは基本的に旧型と同程度だ。

進化度数:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

マツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスター
先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター

動力性能

マツダ 新型(ND)ロードスター先代(NC)ロードスター

新型が搭載するエンジンは、前述のように直列4気筒の1.5リッター。基本的にはアクセラの1.5リッターと同じタイプだが、使用燃料をプレミアムガソリンに変更した。これにより最高出力は131馬力(7000回転)、最大トルクは15.3kg-m(4800回転)になる。

一方、旧型は2リッターだったから、170馬力(7000回転)/19.3kg-m(5000回転)。新型の最高出力は旧型の77%、最大トルクは79%に下がった。

車両重量は新型はスペシャルパッケージでも1010kgと軽く、旧型のRSを110kg下まわる。比率にすれば90%だが、排気量の減少が大きく動力性能の低下は否めない。

ただし1.5リッターの新型でも、性能の不満はあまり感じない。いわゆるトルク感は下がったが、高回転域の吹き上がりは鋭く、開発者が意図したパワーを使い切る感覚を楽しめる。

進化度数:1点/10点(もう少し頑張りましょう)

[次ページへ続く]

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26