autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート いよいよ今年発売か!?新型ロードスター(ND・4代目)プロトタイプに試乗!/飯田裕子 3ページ目

試乗レポート 2015/1/31 01:36

いよいよ今年発売か!?新型ロードスター(ND・4代目)プロトタイプに試乗!/飯田裕子(3/4)

関連: マツダ ロードスター Text: 飯田 裕子 Photo: マツダ株式会社
いよいよ今年発売か!?新型ロードスター(ND・4代目)プロトタイプに試乗!/飯田裕子

機能美が感じられる、スポーツカーらしいコクピットデザイン

マツダ 新型「ロードスター」
飯田裕子さん

試乗コースを走るべく運転席に座ってみる。新型ロードスターは着座位置を下げると同時にボンネットの高さも低くデザインされ、後方に移動されたAピラーの位置も含め視界の向上も追求されている。

また、小柄な体型でもポジションが取りやすいように、シートは前方にスライドさせると幾分高くなる仕組みだが、あえてホンネを言えばやっぱり高さ調節機能があるのが望ましい。

とは言え、ファーストコンタクトは気負わずススッと走り出せそうな安心感から始まった。ドライバーの着座位置からまっすぐにペダル類に足が運べるドライビングポジションや、止まった状態で操作したときのシフトレバーの操作性もいい。

ハンドルを時計に見立て左右9時と3時を握ったとき、吸い寄せられるように目が向いたメーター類。まるで肩幅の中に操作系が収まるようなコクピットデザイン。スポーツカーらしいシンプルさと認識のしやすさに機能美を感じた。

路面に伝わる感覚の分かり易さ、車体の安定感やコントロール性も抜群!

マツダ 新型「ロードスター」
マツダ 新型「ロードスター」マツダ 新型「ロードスター」

そして、いよいよ試乗スタート。ちなみに、この日は生憎の雨=ウエットコンディション。はじめは、せっかくのクローズドコースなのにと残念な気持ちでいっぱいだったが、終わってみれば雨も悪くない。いや、もっとこの雨の中でロードスターを走らせてみたい!と思ったことを、まずはお伝えしておきたい。

ゆっくりとコースに入り、長い直線でシフトレバーを1速から2速へとチェンジ、再びアクセルをわずかに踏み込んだだけなのに思わず「すごっ!」と呟いてしまった。

アクセルを踏み込んだ瞬間、ほどよいトルク(エンジンの力強さ)が一塊のボディからタイヤを通じ、路面に伝わるその感覚があまりにもマジリっ気なしでわかりやすく、とにかくクルマ全体がビシッとしている。もっとアクセルを踏み込めばバシッとする。トルクの太さ分の動力を路面に伝えるのがわかるのだ。

乗り心地もいい。フロントにダブルウイッシュボーン、リヤにマルチリンクを採用するサスペンション形式は3代目と同じものの、4代目はより軽量かつ高剛性に。ブレーキング時の姿勢、さらにコーナーリングの侵入から立ち上がりまでステアリングとアクセルワークでロードスターを自在に操れるコントロール性などがますます向上している。

ハンドルでクイックイッと曲げるというよりも、わずかなロールやボディの沈み込みすら性能の一部に計算されていると思えるようなしなやかさ。挙動変化の一部始終をドライバーに伝える優しさと懐の深さ。また、それに合わせてドライバーはステアリングやアクセルワークをするというコミュニケーションの楽しさが、これまで以上に軽くカッチリと造り込まれたボディやシャシー、それから飾り気はないがエンジンのトルク感とリンクするエキゾースト音から得られた。

加えて、新型ロードスターではフロントフェンダーの左右、盛り上がりのピークポイントがタイヤの位置(厳密に言えばキングピン位置)になるようにもデザインされている。そこで視覚的な走行ラインの読み取りがしやすい。これは狭い道路での左右の車両感覚をつかむのにも役立ちそうだ。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25