autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート いよいよ今年発売か!?新型ロードスター(ND・4代目)プロトタイプに試乗!/飯田裕子 2ページ目

試乗レポート 2015/1/31 01:36

いよいよ今年発売か!?新型ロードスター(ND・4代目)プロトタイプに試乗!/飯田裕子(2/4)

関連: マツダ ロードスター Text: 飯田 裕子 Photo: マツダ株式会社
いよいよ今年発売か!?新型ロードスター(ND・4代目)プロトタイプに試乗!/飯田裕子

フロントミッドシップへのこだわりを追求

マツダ 新型「ロードスター」
マツダ 新型「ロードスター」

ボディの軽量化が進めば、より軽量かつコンパクトな小排気量系エンジンの搭載も可能だ。

搭載エンジンは「SKYACTIV-G 1.5リッター直噴ガソリンエンジン」。これは一見するとアクセラに搭載される1.5リッターエンジンをチューニングしたかのように思われるかもしれないが、FR車であるロードスターに搭載されるこのエンジン、ほとんどの構成パーツも含めて実は新開発なのだ。

トランスミッションは6MTと6ATをラインナップするようだが、今回は6MTのみの紹介となる。

ちなみにエンジンはより低くまた後方に配置。新型ロードスターの全長の短縮はオーバーハングの短縮で行っている。つまり短いオーバーハングの中に冷却、吸気、排気系を含むパワートレインを収め、運動性能を高めるべく、フロントミッドシップへのこだわりを追求しているのだ。

“乗る人の姿”が引き立つデザイン・・・マツダの「こだわり」はエクステリアにも

マツダ 新型「ロードスター」
マツダ 新型「ロードスター」マツダ 新型「ロードスター」

そのこだわりはデザインとも切り離すことはできない。新型ロードスターのデザインの基本はトップを開け、サイドウインドウを下げた姿。そして主役は“人”。乗る人の姿が引き立つプロポーションをデザインしているという。

人が主役という新型ロードスターでは、乗員の着座位置をボディの真ん中にくるようにキャビンをやや後方に置き、その分Aピラーも70mmほど後退している。ヒップポイントも現行モデルより20mm低い。さらに今回はドライバーを含む乗員をより内側に座らせる設計をしていた。これもフロントミッドシップへのこだわりだ。

50:50の重量配分やヨー慣性モーメントの低減、低重心化などを高次元で実現するためのデザインであり、パッケージングなのだ。

そしてその姿はイッキに垢抜けた感あり。3代目までの素朴な印象から(それが好きという方もいるだろうけれど)、近年の欧米のスポーツモデルに劣らぬアピアランスを持つモデルへと変身している。

より低くエッヂの効いたボディは実際にもコンパクトながら、引き締まったボディライン、さらにライトの配置などが視覚的効果を高めていた。特にリヤは2人分の荷物を積むトランクスペースを確保しつつ、両サイドを斜めにズバッとカット。ギュッと引き締まるようなカタチをしている。

テールランプやストップランプなど、こだわりは随所に

マツダ 新型「ロードスター」

テールランプは、マルが内側に来るだけだと夜間にクルマが小さい印象になるといけないので、夜間はワイド感、昼間は引き締まったお尻というように見えるような造形となっている。

また、ストップランプはこれ以上内側にしたらレギュレーションが通らない(!)というギリギリ、それだけ内側に絞っているということだそうだ。

加えて「自分で洗車やワックスがけのときにもエモーショナルなデザインが感じられるようなサーフェイス」というデザイナーの言葉が印象に残る。面の美しさは今のマツダ車らしく、質感も高い。

さらにオープン時、コックピットに入り流れる風を心地良く感じられるよう、ドアトリムや三角窓も小型化されているなど、こだわりを紹介したらキリがない。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28