autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎 3ページ目

新型車解説 2015/3/20 10:48

その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎(3/4)

関連: マツダ ロードスター Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・小林岳夫・マツダ株式会社
その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎

直列4気筒1.5リッターエンジンは基本アクセラと同等だが、大半の部品が新設計に

マツダ 新型ロードスター(AT)

エンジンは直列4気筒の1.5リッターを搭載する。先代型は2リッターだったが、新型は前述のように車両重量が100kg以上も軽く、990~1,060kgの範囲に収まる。そのために1.5リッターが最適な排気量と判断した。もっとも、北米仕様は余裕のある動力性能が求められるから2リッターを積んでいる。欧州は1.5リッターと2リッターの組み合わせだ。

日本仕様が搭載する1.5リッターエンジンは、基本的にはアクセラと同じタイプ。ただし、クランクシャフト、フライホイール、排気マニホールドなど、大半の部品はロードスターのために新設計された。使用燃料もロードスターはプレミアムガソリンになる。

エンジン性能は、最高出力が131馬力(7000回転)、最大トルクは15.3kg-m(4800回転)になり、高回転域で高出力を発揮する。アクセラの1.5リッターに比べると、20馬力/0.6kg-mの上乗せだ。

トランスミッションは、マツダらしくATとMTをラインナップ

マツダ 新型ロードスターマツダ 新型ロードスター

トランスミッションは、前述のように6速タイプのATとMTを選べる。動力性能は、ボディが軽いこともあって不足はない。むしろエンジンパワーを使い切る楽しさを味わえる。2000回転付近から加速力が立ち上がり、4000回転を超えた領域での吹き上がりも良い。

開発者のねらいが良く分かる。JC08モード燃費は6速MTが17.2km/Lで、電装関連の充放電効率を高めるi-ELOOPとアイドリングストップを装着した仕様は18.8km/Lだ。6速ATについてはi-ELOOPとアイドリングストップが標準装着され、18.6km/Lになる。2リッターエンジンを積んだ先代型は11.2~11.8km/Lだったので、燃費性能は1.6倍に向上した。

もっとも、1.5リッターエンジンを積んだアクセラ&同スポーツは、19.2~19.6km/L。ロードスターはスポーツカーとあって、アクセラに比べると燃料の消費量が多い。

マツダ 新型ロードスター

サスペンションは、フロント側がダブルウイッシュボーン式、リア側はマルチリンク式で4輪独立懸架になる。ボディの底に位置するプラットフォームの補強を含め、足まわりの取り付けを強固にした。

タイヤは16インチ(195/50R16)のみだが、足まわりのセッティングには2種類を設けた。S Special PackageとS Leather Packageの6速MTには、トルクセンシング式スーパーLSD(リミテッドスリップデフ)、リアスタビライザー(フロント側は全車に装着)、トンネルブレースバーが装着される。

一方、S(6速MTのみ)、S Special PackageとS Leathe Packageの6速ATには、これらが備わらない。装備の違いだけを見ると、LSDやリアスタビライザーを備えたタイプがスポーティ、Sと6速AT仕様は走りが大人しく思えるが、運転感覚の違いは意外に小さい。

というのもリアスタビライザーは径が細く、LSDの装着に伴う補正を行った程度になるからだ。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21