autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2015/3/20 10:48

その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎(2/4)

関連: マツダ ロードスター Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・小林岳夫・マツダ株式会社
その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎

FRらしく高めのセンターコンソール、シフトレバーの操作性も良好

マツダ 新型ロードスター(AT)
マツダ 新型ロードスターマツダ 新型ロードスター

インパネはSKYACTIV技術を使うほかのマツダ車と同様、水平基調のデザインだ。

ベーシックな「S」グレードを除く「S Special Package」と「S Leather Package」には、7インチWVGAセンターディスプレイも装着。専用のSDカードを挿入すれば、カーナビとして機能する。

後輪駆動車らしいのは、シフトレバーが収まるセンターコンソールが高いこと。エンジンの後部にトランスミッションを配置するため、運転席と助手席の中央が大きく持ち上がった。シフトレバーの操作性は良く、特に6速MTは小気味よくシフトチェンジできる。レバーが前後左右に動く範囲も適度で、運転を楽しむための6速MTとして開発された。

限られた制約のなかで、快適な座り心地を追求

マツダ 新型ロードスター(AT)マツダ 新型ロードスター(AT)

シートも新たに造り込んだ。背もたれと座面には、ネット素材とウレタンパッドを組み合わせて、フィット感を向上させている。

このシートを造った背景には、着座位置も関係している。乗員のヒップポイント地上高は、低重心化も踏まえて、先代型に比べると20mm低い。従って床と座面の間隔がかなり狭い。この制約の中で快適な座り心地とサポート性を得るために、工夫を凝らした。

実際に座ると座面の沈み方は少ないが、底突き感が生じることはなく、ボリュームも相応にある。背もたれの高さは十分に確保され、肩まわりのサポート性も良い。背もたれの下側は適度に硬く、長距離ドライブでも疲労は少ないだろう。

背もたれと座面の両端は適度に張り出すので、腰から大腿部を左右方向からも適度に支えてくれる。その一方で、背もたれの上側には、ある程度の自由度を持たせた。オープンドライブ時に雨が降り出した時など、運転席に座った状態で手を後方に伸ばし、ソフトトップを畳めるようにするためだ。

床面の形状にも注目したい。前述のように着座位置を20mm下げると、足をほぼ水平に伸ばしてペダルを押す姿勢になる。これでは足が疲れるので、踵が当たる床面を少し掘り込み、ある程度はペダルを踏み降ろせるようにした。

運転席に座って周囲を見ると、ボンネットが視野に入ってボディの先端や車幅が分かりやすい。前方視界も悪くない。ただし視線に対してサイドウィンドウの下端が高く、左右ともに側方の視界はいま一歩だ。

後方視界も幌を閉じた状態では良好とはいえないが、後席がないためにドライバーとリアウィンドウの間隔が近く、後退時などは意外に後ろが見やすい。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23