autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 マツダ プレマシー SKYACTIV vs トヨタ ウィッシュ どっちが買い!? 徹底比較/渡辺陽一郎 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/5/9 10:28

マツダ プレマシー SKYACTIV vs トヨタ ウィッシュ どっちが買い!? 徹底比較/渡辺陽一郎(2/3)

マツダ プレマシー SKYACTIV vs トヨタ ウィッシュ どっちが買い!? 徹底比較/渡辺陽一郎

【マツダ プレマシー SKYACTIV vs トヨタ ウィッシュ ~ボディサイズ対決~】

マツダトヨタ

まずはボディサイズ。プレマシーは全長が4585mm、全幅は1750mm、全高は1615mmになる。ミドルサイズだが、全幅が少しワイドな3ナンバー車だ。

対するウィッシュは、エアロパーツを備えた仕様は全幅が1720mm、あるいは1745mmに拡幅されるが、標準ボディは全長が4590mm、全幅は1695mm、全高は1590mmだ。全長は両車ともほぼ同じ。全高はプレマシーが25mm高く、全幅は55mmワイドになる。それでも大きな差ではない。

その割に外観はプレマシーがひとまわり大きく見える。スライドドアを装着し、丸みの強いデザインに仕上げたからだろう。一種の膨張感を生み出している。

マツダマツダマツダマツダマツダ
トヨタトヨタトヨタトヨタトヨタ
マツダトヨタ

内装はどうか。インパネ周辺のデザインは、両車ともにスポーティー路線で共通だ。ATレバーはインパネの下側に装着して、フロアシフト的な感覚で操作できる。その分だけインパネの中央が手前に張り出し、車内の開放感を得る上では不利だが、見栄えと操作性は良い。

造り込みはプレマシーが少し上質に感じるが、ウィッシュでも不満はない。

フロントシートは両車ともにサイズを十分に確保して快適。座り心地は少し異なり、プレマシーは体が座面に沈んだ部分で支えるタイプ。ウィッシュは意外に硬めで、スポーティーなカッチリとした座り心地だ。

2列目は、身長170cmの大人4名が乗車したことを想定し、シートを後端までスライドさせてチェックした。この状態だと、両車の2列目の居住空間はほぼ同じ。膝先の余裕は握りコブシ2つ半、頭上は握りコブシ2つ弱になる。

マツダトヨタ

もっとも、ウィッシュは床が少し低い模様で、座面との間隔に余裕を持たせた。プレマシーは膝が若干持ち上がるが、大腿部が座面から離れることはない。

2列目の座り心地は、フロントシートと同様、プレマシーの当たりが柔らかくウィッシュは硬めだ。運転席と違って2列目にはリラックス感覚が求められるから、ウィッシュはもう少し柔軟に仕上げた方が良いだろう。

3列目は両車ともに窮屈。全高が1700mm以下のミニバンで、最も注意すべき欠点だ。背の高いミニバンと違ってフラットフロア構造を採用しないため、燃料タンクの持ち上がりで床と座面の間隔が不足する。膝を抱える着座姿勢になりやすい。両車とも2列目を後端まで寄せた状態では、足元空間が狭すぎて大人は座れない。

そこで2列目を前に寄せるが、プレマシーは不利になる。2列目に座った乗員の足がフロントシートの下に収まりにくいからだ。2列目のスライド位置は、両車とも膝先空間が握りコブシ1つ半の位置にした。

この状態で身長170cmの同乗者が改めて3列目に座ると、膝先空間はウィッシュに若干の余裕がある。頭上の空間は両車ともに狭く、頭部が天井に軽く触れる感じだ。座面の造りも同程度。格納性を重視したので、座り心地は良くない。バックレストの高さも低い。

大人6名で乗車するなら、片道45分程度までだろう。もっとも、1年に数回、短距離を多人数で移動する目的でミニバンを買うユーザーも多い。このような使われ方で、自転車などを積む機会も乏しい場合、背の高いミニバンを買ったのではムダが増える。プレマシーやウィッシュを選ぶ価値も十分にあるわけだ。

マツダマツダマツダマツダマツダ
トヨタトヨタトヨタトヨタトヨタ

【マツダ プレマシー SKYACTIV vs トヨタ ウィッシュ ~エンジン/燃費性能対決~】

マツダマツダ

エンジンは、プレマシーが前述のようにスカイアクティブGを搭載した。ただし、最廉価グレードの20CSと4WDは違う。特に4WDのエンジンは世代が古く、直噴式も採用されずATは4速。JC08モード燃費は10.6km/Lにとどまり、4WDは選びにくい。

スカイアクティブGは、最高出力が151馬力(6000回転)、最大トルクが19.4kg-m(4100回転)になり、JC08モード燃費は16.2km/Lに達する。

対するウィッシュは2リッターと1.8リッターを設定。ATはすべてCVT(無段変速AT)だ。2リッターは最高出力が152馬力(6100回転)、最大トルクが19.7kg-m(3800回転)になる。JC08モード燃費は14.4km/Lと良くない。

もっともウィッシュの2リッターモデルは不人気で、マイナーチェンジにより最上級の2.0Zに限定された。エアロパーツを備えたスポーティーグレードで、車両価格も251万円と高い。そのために売れ筋は、先に触れた185万円の1.8X、あるいはエアロパーツを備えて3ナンバーサイズになる213万円の1.8Sだ。

トヨタ

1.8リッターエンジンの最高出力は143馬力(6200回転)、最大トルクは17.6kg-m(4000回転)。JC08モード燃費は15.8km/Lになる。

動力性能は両車とも排気量に応じた印象。いずれもクセがなく扱いやすいが、プレマシーは6速ATとあって、運転感覚はスポーティーに仕上げた。設計も新しく、細かな速度調節を行いやすい。動力性能自体に大きな差はないが、フィーリングとしてはプレマシーが勝る。

そしてプレマシーにはアイドリングストップも装着され、JC08モード燃費は前述の16.2km/L。ウィッシュの1.8リッターエンジンと比較しても、0.4km/Lほど上まわる。

ちなみにプレマシーの車両重量は、スライドドアの装着などによって1490kg。ウィッシュは1.8Xであれば1350kgと軽く、最上級の2.0Zでも1430kgだから、車両重量の違いを踏まえてもプレマシーの高効率が分かる。

マツダ プレマシー 関連ページ

トヨタ ウィッシュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ プレマシー の関連記事

マツダ プレマシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ プレマシー の関連記事をもっと見る

マツダ プレマシー の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23