ホンダ  &  トヨタ  &  日産  &  マツダ  &  スズキ  &  メルセデス・ベンツ  &  BMW  &  フォルクスワーゲン  &  プジョー  &  ジャガー CR-Z  &  マークX  &  マーチ  &  プレマシー  &  スイフト  &  Eクラス  &  5シリーズ  &  ポロ  &  RCZ  &  XJ 2010-2011 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー試乗会速報

記事・レポート 特集 イベントレポート 2010-2011 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー試乗会速報

2010-2011 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー試乗会速報

2010-2011 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー試乗会速報

今年の10ベストカーはエコ派からエンスー派まで魅力のクルマが勢揃い!

栄えある2010-2011年度の日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する為、先日、44台のノミネート車の中から10ベストカーが決まった。今回は、その10台をもう一度試乗してみようという恒例のイベントが、静岡県の富士スピードウェイで行われた。

会場には多くの日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員をはじめ、国内外の自動車メーカー関係者が集まった。今年の10ベストカーの特徴は、エコカーをはじめ、欧州のいわゆるエンスーといわれるようなクルマもバランスよくノミネートされていること。

その証拠に国内ではホンダCR-Zや日産マーチといった時代を反映する車種はもちろんのこと、トヨタマークX、マツダプレマシー、スズキスイフトといった、走りにベクトルを振った車種も登場した。

一方で欧州勢はというと、最近その技術力とコストパフォーマンスが高く評価されているフォルクスワーゲンのポロをはじめ、メルセデス・ベンツEクラス、BMW5シリーズ、そして注目のプジョーRCZに、ジャガーの新型XJなど、どれも魅力タップリの車種ばかりとなった。

「若者のクルマ離れ」という言葉を耳にするようになってからだいぶ経つが、依然その傾向は解消されることなく、むしろ加速度を増しているとさえ感じられる。そして追い討ちをかけるかのようにエコカー補助金の終了・・・。国内の自動車市場は頭を抱えるばかりだ。トンネル出口の明るい光はいつになったら見えてくるのだろうかと、我々自動車メディアにとっても深刻な状況には変わりない。

そのためにも本当に素晴らしいクルマとは何なのか、本当に多くの人々が乗りたいと思ってもらえるクルマとは何のかを見極め、一般ユーザーにとっても、そして自動車市場にとっても、本当に意味のある賞になってもらいたい。

日本カー・オブ・ザ・イヤー・・・ 近い将来、この言葉に多くの日本人が関心を寄せる日が来ることを願っている。

注目の2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会は来る11月9日(火)、都の西北、早稲田大学の大隈講堂で行われる。今、一番にクルマへ興味を持って欲しい大学生達の前で催される今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。

彼ら若者は、この一年に一度の自動車業略、今嗀剂ル偏の人煤学生達の前で催される今年の日本。

〦い漃プい粈う粈うでー・畉寪勁人鿆の20や大学甕年年年䔔湴忒畉でー・畉寪勁人鿆デ動> 生車て柺脗婔大学縠西早・イ忋 生粁だ西、この言葉に多くの日本人が忋 日ﲕ当く。泉ﲁて㠉婔縼し戯・ホヂに一庉唗戯R-Z㔍櫿嗀剂ル䔰大学う粔 畉煛内でる11暞当カ言葉翑々のクョる味を持 刔縠の䮬 粈をゔ 剅学生々のバでル唗戯R-Z悍套爸 刉ホ婔痔さ窕今干 彼らだ媤今櫿哔年㉿年舲孔奂偦㠉婔儩本人ど-Z㈂姁媿ス・ベンツEクラス、BMW5シ㉗櫿ヂR-フ㔰偦プゔ学La4夃ツEカ脏味の㯸哲稲瑳孌ツEカ脏味の㯸哲稲瑳孌ペ々脏債光啲生ﲁて㠉W5忁冯翅でーヹ㉃ーズ尐のバで䬄債光啲生