autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダが“ミニバン撤退”原因は「SKYACTIV(スカイアクティブ)」!?

自動車評論家コラム 2016/4/4 18:58

マツダが“ミニバン撤退”原因は「SKYACTIV(スカイアクティブ)」!?(1/4)

マツダが“ミニバン撤退”原因は「SKYACTIV(スカイアクティブ)」!?

えっ?マツダがミニバン市場から撤退する!?

2016年2月下旬に「マツダがミニバンの生産・開発から撤退する」というニュースが流れた。

現時点でマツダはミニバンのプレマシーとビアンテを用意するが(MPVはすでに同社のホームページに掲載されていない)、この報道の通りなら、次期型は開発されないことになる。ミニバンから撤退する代わりに、SUVなどに力を入れるというのが報道の趣旨だ。

果たしてマツダは本当にミニバン市場から撤退するのか。

このままでは、本当にミニバンの生産を終える可能性も

マツダ プレマシー(3代目)
マツダ ビアンテマツダ MPV(3代目)

この点をマツダに尋ねると「将来の商品計画については申し上げられません」という返答だった。マツダに限らずメーカーとしては当然の反応で、似たような質問をすれば、どこでも同様の結果になる。

現時点でマツダが用意するミニバンが発売されたのは、3代目の現行プレマシーが最も新しく2010年7月、ビアンテは2008年7月、先ごろホームページの掲載を終えた3代目のMPVは2006年2月であった。プレマシーも発売後6年近くを経過するから設計が古い。

しかも直近のマイナーチェンジは、プレマシーが2013年1月、ビアンテは同年5月だから、約3年間は改良されていない。3年にわたり手を加えない車種は珍しくないが、今のマツダは2012年に発売されたCX-5以降、商用車とOEM車を除くと頻繁に改良を施している。

つまり車両のすべてを「スカイアクティブ技術」で仕上げたマツダ車には手厚いが、そうではない車種は冷遇され、今ではプレマシーとビアンテを残すだけになった。

となれば、売れ行きも下がっていく。直近の1ヶ月当たりの登録台数を見ると、プレマシーが約500台、ビアンテは約250台にとどまる。他社のミニバンでは、日産の現行セレナの発売時期も2010年11月と古いが、それでも1ヶ月に4,000~5,000台は登録されていることから、プレマシーとビアンテの販売台数が少ないことはお分かりになるだろう。

マツダ車の中で見ても、Lサイズセダン&ワゴンのアテンザは売れ行きが少ない部類だが、それでも1ヶ月に850台前後は登録されている。

以上のような商品改良と販売統計を照合すれば、やはり「ミニバンはこのまま生産を終えるのではないか」という予測が成り立ってしまう。

マツダ プレマシー 関連ページ

マツダ ビアンテ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ プレマシー の関連記事

マツダ プレマシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ プレマシー の関連記事をもっと見る

マツダ プレマシー の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23