autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】マツダ 新型デミオディーゼル vs VW 新型ポロ どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

どっちが買い!?徹底比較 2014/10/17 11:15

【比較】マツダ 新型デミオディーゼル vs VW 新型ポロ どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎(1/3)

【比較】マツダ 新型デミオディーゼル vs VW 新型ポロ どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

新型デミオと新型ポロ、“日・欧”新型コンパクトカー対決!

フルモデルチェンジにより、これまでのデミオとは一線を画したエクステリアデザインやディーゼルエンジン搭載などで、見事に2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞、いま世間の話題を集めている新型「マツダ デミオ」。そんなデミオと、欧州コンパクトカーの代表的な存在であり、先日モデルチェンジを果たしてクラス最高水準の安全・快適装備を搭載した新型「フォルクスワーゲン ポロ」の2台を比較対決!

マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)フォルクスワーゲン 新型ポロ

今、注目を集めているコンパクトカーといえば「マツダ 新型デミオ」だろう。

コンパクトカーの人気車として不動の地位を築き上げている「ホンダ フィット」は後席の居住性、荷室の使い勝手といった実用性に重点を置くが、デミオは走行安定性/乗り心地/内装の質感を高めた。

エンジンは1.3リッターのノーマルガソリンエンジンのほかに、優れた動力性能と低燃費を両立させた1.5リッターのクリーンディーゼルターボも設定している。ディーゼルで売れ筋になるXDツーリングの価格は「194万4,000円」。コンパクトカーでは高めの設定だ。

そこで新型デミオ XDツーリングと、VW(フォルクスワーゲン)新型ポロを比較してみたい。1.2リッターのガソリンターボを搭載するポロ TSIコンフォートラインは「223万9,000円」で、価格帯も近いからだ。

動力性能が新型デミオXDツーリングと肩を並べるのは1.4リッターのターボを搭載するポロ ブルーGTだが、価格は「283万5,000円」に達してしまう。ゴルフに近い値付けなので、最廉価のTSIコンフォートラインと比べたい。

マツダ 新型デミオXD vs VW 新型ポロ -エクステリア対決-

まずはボディサイズだが、新型デミオは全長が4,060mmで全幅は1,695mm。新型ポロは3,995mm × 1,685mmだから、若干ポロが小さい。

新型デミオの最小回転半径は15インチタイヤを履いたXDが「4.7m」、16インチのXDツーリングは「4.9m」になる。ポロは15インチタイヤで「4.9m」だから、取りまわし性は同等と考えて良い。

注意したいのは視界で、新型デミオはサイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げた。新型ポロに比べて外観の躍動感は演出される代わりに、斜め後方の視界が良くない。後退時にはメーカーオプションで設定されたバックモニター(3万4,852円)に頼るのが良いだろう。それでも全長が4m少々のボディだから、日本車全体で見れば運転がしやすい部類に入る。

マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)
フォルクスワーゲン 新型ポロフォルクスワーゲン 新型ポロフォルクスワーゲン 新型ポロフォルクスワーゲン 新型ポロフォルクスワーゲン 新型ポロ

マツダ 新型デミオXD vs VW 新型ポロ -インテリア対決-

マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)フォルクスワーゲン 新型ポロ

内装の質感は互角。ソフトパッドは新型ポロの方が多く使っているが、雰囲気は全体的に地味で実用指向のコンパクトカーという印象だ。

対する新型デミオはスポーティ感覚を強めた。メーターパネルも同様で、新型デミオはデザインが凝っているが新型ポロはシンプルで視認性を重視する。

前席の座り心地は、新型デミオが前モデルに比べてサポート性を高めている。アクセラの骨格を使ってサイズに余裕を持たせ、体を包み込むようにデザインしており、座り心地にもボリューム感がある。新型ポロは腰の部分の支え方が巧みで長距離を移動する時も快適だが、サポート性は新型デミオほど強くない。

後席は新型デミオが少し狭い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ分。頭上は握りコブシ半分程度だ。

マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)マツダ 新型デミオXD(1.5リッターディーゼル搭載)フォルクスワーゲン 新型ポロフォルクスワーゲン 新型ポロ

新型ポロは膝先に握りコブシ1つ少々が収まり、頭上には握りコブシが1つ入る。新型ポロも窮屈なことに代わりはないが、新型デミオよりは若干の余裕を持たせた。また両車とも前席の下に足が収まりやすく、窮屈ではあるが4名乗車に支障はない。

後席の座面は新型デミオが柔軟。膝が大きく持ち上がって大腿部のサポート性はいまひとつだが、狭いながらも座り心地は馴染みやすい。

新型ポロはドイツ車に多いパターンで、座り心地が硬めで座面の前方を大きく持ち上げた。大腿部のサポート性は良く、着座姿勢も乱れにくいが、体を拘束された感覚が伴う。衝突時にはシートベルトが効果的に働いて安全性は高いが、違和感を抱く同乗者もいるだろう。特に小柄な人は、大腿部を押された感覚になりやすい。

新型ポロの後席は少しクセの強い座り心地だ。

マツダ デミオ 関連ページ

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21