autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ 執行役員 パワートレイン開発本部長 人見光夫インタビュー 2ページ目

NEXTALK 2011/9/9 20:30

THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ 執行役員 パワートレイン開発本部長 人見光夫インタビュー(2/5)

関連: マツダ デミオ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ 執行役員 パワートレイン開発本部長 人見光夫インタビュー

究極のエンジンとは?

マツダは、2007年に『サステナブル Zoom~Zoom 宣言』を表明した。2002年のアテンザ誕生からマツダは「Zoom~Zoom」という標語を使いはじめている。

これは、子供たちが玩具のクルマを走らせるときに口にする「ブーブー」と同じ意味の、英語の子供言葉だ。その意味するところは、マツダのクルマはどれも、運転の楽しさがカギを握ることを、この標語で端的に示したのである。これに、環境性能を加味し、楽しさと持続性を両立させようというのが、『サステナブルZoom~Zoom宣言』である。

燃費が良く運転も楽しいクルマの実現。マツダは、2015年までに、世界で販売するマツダ車の平均燃費を、2008年に比べ30%向上させると言明した。

THE NEXTALK マツダ 人見光夫インタビュー

【人見光夫】将来の環境技術の動向を予測すると、2020年の段階でもなお、内燃機関、すなわちエンジンを搭載するクルマの占める割合が非常に大きいのです。だから、マツダはエンジンにこだわりながら、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてにおいて理想像を描いて進んでいく。その総称がSKYACTIVです。これによって、サステナブルZoom~Zoom宣言のコミットメント(誓約)を達成します。

SKYACTIVの「SKY」とは何か?と言えば、空ですね。空に向かって無限の可能性を追求していくということです。SKYACTIVのなかで私が携わったのがエンジンです。開発においては、まずエンジンの究極の姿を思い描き、自分たちがコントロールできることは何かを見極め、限界へ行き着くまで、SKYACTIV ワン、ツー、スリーというように、順次エンジン開発を進めていきます。

では、肝心の「究極の姿」とは具体的に何かと言うと、エンジンで目指すのは「効率」です。現状より倍くらい、効率を改善できる見通しはすでに立っています。ではそれを実現するため、技術開発は具体的にどうしていけばいいのかということになりますね。

THE NEXTALK マツダ 人見光夫インタビュー

SKYACTIVの特徴は、「エンジンをコントロールできる(因子)を定めた」ことにあります。その因子は、次の7つしかありません。

THE NEXTALK マツダ 人見光夫インタビュー

ここで効率の追求ということをわかりやすく言えば、「燃費の改善」です。じゃあ燃費の改善をやろうとしたとき、燃費向上のために有効な事をいかにたくさんやるかという道筋で開発しようとすると、技術的に色々な手法があるため、選択肢が多すぎて、結局、何から手を付けたらいいかわからなくなってしまいがちなのです。

しかし、燃費の改善は「損失を減らすことだ」と単純に考えれば、上の7つの因子に取り組むしかないことが明らかになります。燃費改善技術はいくつもあるため、たくさんやり方があると思うと、人は、安易な道を選び、大変なことや難しいことに取り組もうとしなくなります。

ところが、世の中に7つしか解決の方法がないと思えば、どんなに難しい開発でも挑戦しなければ目標が達成できないと、真剣な気持ちになります。その、何としても困難に立ち向かおうとする気持ちが、SKYACTIVを達成させたのです。中でもこの7つの因子の一番上にある「圧縮比」を高くすれば効率が良くなることは、技術者なら誰でも知っていることで、そこに本格的にメスを入れたのが、SKYACTIVエンジンです。

損失を減らすための7つの因子という発想の仕方と、その中からまず選ばれた高圧縮比の実現は、エンジン開発のズバリ本丸に切り込んだ人見光夫の真骨頂である。なぜなら、手法の優劣を云々するのではなく、原理原則という本丸に切り込む開発方法だからだ。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24