autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 マツダ 新型デミオ グレード比較

新車グレード比較 2011/6/27 12:30

マツダ 新型デミオ グレード比較(1/3)

関連: マツダ デミオ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
マツダ 新型デミオ グレード比較

デミオが大幅なマイナーチェンジを受け、「SKYACTIV」と呼ばれる新しい低燃費技術を搭載したモデルを追加した。マイナーチェンジ後のバリエーションは「13-SKYACTIV」が中心となるが、SKYACTIV搭載車はこの「13-SKYACTIV」1グレードのみだ。

また、他の多くのグレードは引き続き設定されている。従来の13Sに代わって13-SKYACTIVが設定された形だ。

マイナーチェンジによって内外装のデザインに変更が加えられたほか、後席中央の3点式シートベルトやヘッドレストレイントを標準装備したグレードを設定するなど、装備の充実化が図られている。

マツダ 新型デミオ 13-SKYACTIV(1,400,000円)

10・15モード燃費「30km/L」を達成した新グレード

新グレードの「13-SKYACTIV」は、何といっても新開発のSKYACTIVエンジンを搭載しているのが最大の特徴だ。

排気量は、1,348ccから1,298ccへとやや小さくなっている。パワー&トルクも、67kW/124N・mから62kW/112N・mへと僅かだが低くなっている。

だが、燃費は従来からの13Cが「21.0km/L」、またミラーサイクルエンジンとCVTを組み合わせた13C-Vが「23.0km/L」であるのに対し、13-SKYACTIVでは「30km/L」へと大幅に向上させている。

装備は、低燃費運転を促す「インテリジェント・ドライブ・マスター」が標準装備されるほか、i-stopとの関係で横滑り防止装置の「DSC」も標準となり、エアコンもフルオートになるなど充実度はまずまず。

従来は全車標準だったブレーキアシストは、今回のマイナーチェンジで13-SKYACTIVと1.5Lエンジンのスポルトだけに標準となった。

逆に、今回のマイナーチェンジで大半のモデルに標準となった後席中央の3点式シートベルト&ヘッドレストレイントは、13-SKYACTIVではオプション設定。これは何とも残念なところである。

13-SKYACTIVではオートライトシステムやレインセンサーワイパー、LEDドアミラーウインカーなどとセットで5万円のオプション設定になっている。この5万円は値打ちモノの価格なので納得して装着すれば良いが、肝心要の13-SKYACTIVなのだから、標準装備して欲しいところだった。

もうひとつ、何とも残念なのが車両重量が1010kgになってしまったこと。従来は4WD車や1.5LのAT車など、一部のグレードが1000kgを超えていたが、大半のグレードが1000kg以下だったのに、今回の13-SKYACTIVは1010になった。

結果、年間の自動車重量税が5000円余分にかかることになるので、その分を割り引いて考えなければならない。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20