autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ デミオ スカイアクティブ 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/7/19 07:30

マツダ デミオ スカイアクティブ 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

関連: マツダ デミオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
マツダ デミオ スカイアクティブ 試乗レポート/渡辺陽一郎

デミオの乗り心地を含めた走りの洗練度は◎

フロントシートは、バックレストに変更を施して柔軟性が増し、座り心地、サポート性ともに申し分ない。

リアシートは、全高が1475mmと低めの設定で、天井を後方に下降させたデザインだから、着座位置が低い。今までと同様に膝が持ち上がる。頭上の空間も狭めだ。

サイドウインドーの下端を後ろに向けて持ち上げたから、斜め後方の視界もいま一歩。購入を考えているなら、リアシートの居住性と後方視界は、ディーラーの展示車や試乗車で確認したい。

もっとも、空間効率が下がった代わりに、外観は欧州車風でなかなかカッコイイ。

気になるのは、フィットハイブリッドとの優劣だろう。動力性能はモーター駆動の支援で1.6リッター並みになるフィットの勝ちだ。走行安定性は前述のマイナーチェンジもあり、デミオが優位。乗り心地を含めた走りの洗練度もデミオだ。

居住性はフロント側は同程度だが、リア側はフィットの圧勝。荷室やシートアレンジでもフィットが勝る。実用性ではデミオは太刀打ちできない。

装備と価格のバランスはどうか。価格はデミオ13スカイアクティブが140万円、フィットハイブリッドが159万円。

特徴的な装備として、デミオには横滑り防止装置とアルミホイールが標準装着され、フィットには車間距離の制御機能を持たないクルーズコントロール、テレスコピックステアリング、シートリフター、ドアミラーウインカーが備わる。装備のレベルは両車とも同等と考えて良い。

となれば結論としては、価格差の19万円はフィットの快適なリアシートや広い荷室、多彩なシートアレンジに充てられ、買い得感は同等と判断できる。

既存のグレードは価格が同程度だから高機能な分だけフィットが買い得だが、「30km/Lグレード対決」は引き分け。「買い得だからフィットを選ぶ」という判断は成り立たない。

こうなるとデミオの魅力は、13スカイアクティブの設定で際立ってくる。

そしてもともとデミオの背の低いボディは、優れた燃費性能や上質な運転感覚をねらったものでもあった。

つまり13スカイアクティブは、デミオという車種全体の考え方を象徴したグレードにも位置付けられる。「デミオの真打ち」と言って良いだろう。

また、同じ燃費性能を達成できるなら、メカニズムはなるべくシンプルに抑えた方がエコ度は高まる。

ハイブリッドではモーター/専用バッテリー/制御機能は不可欠で、その生産や輸送、さらに廃棄する時にもエネルギーを消費して二酸化炭素を排出するからだ。

デミオ13スカイアクティブは、「本当のエコカーとはどのようなクルマか」を考える機会も与えてくれた。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28