autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ デミオ ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2014/11/14 13:49

マツダ デミオ ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

マツダ デミオ ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

売れ筋よりもマツダらしいクルマを具現化

新型デミオから伝わってくるのは、売れ線であるよりも、自分達らしいクルマでありたいという想いだ。広ければ広いほど、燃費がよければよいほど、安ければ安いほどいい、というのが最近の国産コンパクトカーの流れだった。ユーザーはそういうものを欲しがっているんだという考えのもと、メーカーはそういう商品づくりに突き進んだ。

しかしデミオは違う。燃費はアクアやフィットハイブリッドに負けているし、価格はマーチやミラージュより高い。室内や荷室の広さもたいていのライバルに負けている。普通の会社なら、営業部門の反対に押し切られて方向転換を強いられただろう。しかしそうならないところがCX-5以降のマツダだ。そして興味深いのは、CX-5からマツダの大躍進が始まったということだ。

マツダ デミオ
マツダ デミオマツダ デミオ

新型デミオは、スタイリッシュで、乗って楽しいクルマに仕上がっている。とくにディーゼル車の贅沢な乗り味は従来の国産コンパクトの常識を遥かに凌ぐ。走りだし直後から豊かな気持ちになれるし、こいつとなら数百kmのロングドライブに行ってもいいなと思わせる。普通ならコストを気にしてケチる遮音材をたっぷり使っているから、エンジン音だけでなく各種ノイズの封じ込め度が驚くほど高い。それが上質なクルマに乗っている気分にさせてくれるのだ。

そこに2.5リッター級の太いトルクとセンスのいいインテリア、快適な乗り心地、意のままに動くハンドリングが加わったのだから結果は推して知るべし。新型デミオは国産コンパクトカー史上もっともプレミアムな価値を提供してくれるクルマになった。

売れ線からあえて視線を外し、自分たちがいいと信じる商品を具現化するのはハイリスクなビジネスだが、僕はそんなマツダに強いシンパシーを感じる。読者の方にはぜひ一度試乗をしてみて欲しい。そうすれば僕の言っていることをきっと理解していただけるはずだ。

マツダ デミオ

マツダの新世代技術「スカイアクティブ技術」と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を全面的に採用。”クルマの価値は、ボディサイズに比例する”という既成概念を打ち破ることを目指して開発されたというだけあり、コンパクトカーながら内外装の質感のアップや人間中心のドライビング・デザインに拘り、上級セグメントのような満足感を叶えている。

国内Bセグメントでは、唯一クリーンディーゼル搭載モデルを提供。

マツダ デミオ XD Touring L Package 2WD 6MT主要諸元

車両本体価格:¥1,998,000(消費税込) / 全長 x 全幅 x 全高(mm):4,060 x 1,695 x 1,500 / 車両重量:1,080kg / 定員:5人 / エンジン:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ / 総排気量:1,498cc / 最高出力:77kW(105ps)/4,000rpm / 最大トルク:220Nm(22.4kgm)/1,400~3,200rpm / JC08 モード燃費:30.0㎞ /L / 駆動方式:前輪駆動

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24