autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/7/18 00:15

【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: マツダ デミオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

足回りの柔軟な動きは「VW ポロ」に近い

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロントマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・リア

「国産コンパクトカーも、ここまで進化した!」と関心させられたのが、4代目「マツダ 新型デミオ」のプロトタイプ(試作車)だ。

どこに関心したかといえば、「乗り心地」と「操舵感」。最近のコンパクトカーは乗り心地が全般的に硬い。燃費向上のために転がり抵抗を抑えたタイヤを装着し、指定空気圧も高い。これに足まわり関連のコスト低減も加わる。安全にかかわる走行安定性は犠牲にできないから、どうしても乗り心地が悪化する。

従来のコンパクトカーで特に気になるのが、カーブを曲がっている時に大きめのデコボコを乗り越えた時だ。足まわりに負荷が加わった状態で、さらに入力が強まるため、「ガツン」という不快な突き上げ感が生じやすい。瞬間的に進路が乱れることもある。現行の「ホンダ フィット」ではこの点に気を使って開発されたものの、払拭できていないのが現状だ。

ところが新型デミオは、路面状況が比較的良いクローズドコースの試乗ではあったが、かなり快適に感じた。3ナンバーの「アクセラ」に近づけている。

指定空気圧は、15/16インチともに前輪側が260kPa、後輪側が230kPaと高めだが、空気を一杯に詰め込んだタイヤを装着している感覚はない。タイヤが路上を細かく跳ねることなく、しっかりと接地している。

足まわりの動きも柔軟で、いわゆる「重厚感」が伴う。ドイツ車「フォルクスワーゲン ポロ」のレベルに近い。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロントマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・リアマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・サイドマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリアマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア

エンジンは「1.3Lガソリンエンジン」と「1.5Lクリーンディーゼルエンジン」の2機種

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/エンジン

新型デミオが用意するエンジンは、1.3リッター直列4気筒のガソリンエンジン(スカイアクティブ-G1.3)と、1.5リッタークリーンディーゼルターボ(スカイアクティブ-D1.5)の2機種だ。従来のデミオと違って、1.5リッターのガソリンエンジンは選べない。

タイヤの組み合わせは、1.3リッターのガソリンが15インチ(185/65R15)で、ディーゼルは15インチと16インチ(185/60R16)が設定されている。試乗車が履いていた銘柄は、1.3リッターの15インチがヨコハマ・ブルーアースA、ディーゼルの16インチはトーヨー・プロクセスR39であった。

1.3リッターエンジンと15インチタイヤの組み合わせは、やや硬めではあるがコンパクトカーにありがちな粗さが抑えられている。車種によっては路面の凹凸が顕著に感じられるのだが、新型デミオは上手に吸収している。

ディーゼルエンジンと16インチタイヤの場合は、前述の1.3リッター+15インチよりも硬いが、タイヤが路面にしっかりと貼り付いていることが分かる。重厚感が高まり、ハンドルを通じて路面の状況を把握しやすいこともメリットだ。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/インテリア

そして、シートの造りも乗り心地の良さに貢献している。

フロントシートはアクセラのフレームを使って構成され、座面と背もたれの内部に収まるバネワイヤー、ウレタンは乗員にフィットするよう工夫した。コンパクトカーのフロントシートとしては体の沈み方が大きく、柔軟に支えてくれる。

このシートが大腿部や腰に伝わる振動を上手に抑えたことも、快適な乗り心地の秘訣だろう。サイズに余裕があり、肩まわりのサポート性も良好だ。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25