autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ デミオEV(電気自動車) 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/10/23 23:12

マツダ デミオEV(電気自動車) 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: マツダ デミオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
マツダ デミオEV(電気自動車) 試乗レポート/渡辺陽一郎

EVにも「運転の楽しさ」を追求するのがマツダらしい

マツダ デミオEV 走行試乗レポートマツダ デミオEV 走行試乗レポート

早速、デミオEVに試乗してみた。

デミオEVが搭載するモーターの最高出力は75kW(102馬力)、最大トルクは150N・m(15.3kgf-m)。

リーフの80kW(109馬力)/280N・m(28.6kgf-m)に比べると性能は大人しいが、車両重量も340kg軽い1180kgだ。力不足は感じない。軽くアクセルを踏むだけで相応の加速力が得られ、モーター駆動とあって速度を滑らかに上昇させる。もちろんノイズも少ない。

気になるのは、先に触れた「高回転域の吹け上がり」だが、停止状態でアクセルを踏み込むと直線的に速度が高まっていく。「今まで試乗したEVでは、このあたりで速度の上昇が鈍るぞ」と感じる領域に達しても、さらに速度が伸びてゆくのだ。これにはちょっと感動した。

モーターの特性が切り替わるのは時速70~80km。日常的に頻繁に使う速度域ではないが、高速道路に進入する時などでは効果を発揮するだろう。

ちなみに、デミオEVの0~100km加速は10.8秒。比較対象として、デミオ13スカイアクティブは13.4秒だ。10.8秒は驚くほどの値ではないが、実用的にもメリットがあり、運転する楽しさを味わえる値だ。

冷静に考えれば、アクセルペダルをベタ踏みして「オオッ、高回転域の吹け上がりが鋭いっ!」などと喜ぶのは、EVの世界観に照らし合わせればナンセンスだと思う。なるべく負荷を与えず穏やかに走り、電力の消費量を抑えるのがEV本来の使い方だ。

しかし、それでもなお、走る楽しさにこだわるのがマツダなのだろう。通常は穏やかに走り、稀にアクセルを踏み込んでガソリンエンジン的な吹け上がりを思い出す。こんな風に書いてしまうと一抹の寂しさを覚えるが、EV時代の運転の楽しさは、このあたりに落とし込まれるのかも知れない。

デミオEVを試乗しながら、「エンジンを味わえるのも今のうち。ロードスターでも乗ってみるか・・・」などと自嘲的なことを考えた。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23