autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入しちゃったライターによる新型デミオ購入記 -前編-/永田恵一 2ページ目

新型車解説 2015/3/18 18:22

マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入しちゃったライターによる新型デミオ購入記 -前編-/永田恵一(2/3)

マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入しちゃったライターによる新型デミオ購入記 -前編-/永田恵一

XDツーリング・MTで選べるメーカーオプションは2種類のみ

その次は、購入時(工場で車を生産する際)にしか選べない「メーカーオプション選び」です。といっても、XDツーリングのMTで選べるのは「セーフティパッケージ」(8万6,400円)と「CD/DVDプレーヤー+フルセグテレビ」(3万2,400円)の2つしかありません。

「セーフティパッケージ」については、斜め後方を監視する「ブラインドスポットモニタリング」、カメラから得た前方の情報を基に積極的にハイビームを使う「ハイビームコントロール」、「車線逸脱警報システム」、バックで駐車場から出る際などにセンサーで後方を監視し車が接近してくる際などにドライバーに警報する「リアクロストラフィックアラート」から構成されています。

また、ガラケーを未だに使っており時代の進歩についていけない私が「マツダコネクトというモニターがあるのにCDもないのは不親切ですね」とセールス氏に言うと、セールス氏は「今はUSBメモリーと外部入力から音楽や映像を視聴できれば十分という人も多いんですよ」と、自分が現代から取り残されていることを痛感してしまいましたが(笑)

よく新車を買うメリットの1つは「好みの仕様を選べること」と言われますし、次はいつ買えるか分からない新車でもありますから(最初で最後にならないよう頑張らなければなりません)、2つとも有益な装備であることも加味して両方を付けました。

ボディカラーはもちろんメインカラーの「ソウルレッド」!と、素直に言えない事情が・・・

また、メーカーオプションとも無関係ではないボディカラーについては、マツダのイメージカラーであり販売比率が90%と人気を誇る「ソウルレッドプレミアムメタリック」(4万3,200円のオプション)と、残り10%の新色「ダイナミックブルー」で迷いました。

なぜ迷ったかというと、デミオディーゼルはベストカー誌などで活躍されている先輩ジャーナリストの鈴木直也さんも購入を決めており、もしボディカラーが被ってしまうと・・・となるからです。

幸い、鈴木さんが「ダイナミックブルー」を選ばれましたので、私は第一希望の「ソウルレッドプレミアムメタリック」に決めることができました。また、低次元な自慢話になってしまいますが、私のデミオディーゼル XDツーリング(MT)は工場出荷状態ではフルオプションで最も高い仕様となりました・・・(笑)

ディーラーオプションは必要最低限に

と、前述の通りメーカーオプションで贅沢をしてしまいましたので、ディーラーオプションについてはフロアマット(プチ贅沢で取付工賃込2万2,788円のラグジュアリータイプにしてしまいました。価格は取付工賃込)、自分の車に付けるのが憧れだったバックモニター(3万4,852円)、マツダコネクトをカーナビとして使うために必要な地図データが入ったSDカード(3万6,000円)と必要最低限にしました。

今や必需品のETCは、マツダのディーラーオプションのETC車載器は運転席側のサンバイザーのルーフ側に綺麗に収まっていて良いものではあるのですが、価格を見ると2万7,340円からと、正直「お高い」のです。

私はETC車載器にそこまで支払うことはできなかったので、通販でセットアップ込み6,000円位のアンテナ別体ETC車載器を購入し、車弄りに明るい友人にお願いし付けてもらいことにしました。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22