autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 マツダ 次期「デミオ」コンセプトモデル『跳(MAZDA HAZUMI)』登場! ~新たにSKYACTIV-D 1.5を搭載~/まるも亜希子

新型車リリース速報 2014/4/16 09:37

マツダ 次期「デミオ」コンセプトモデル『跳(MAZDA HAZUMI)』登場! ~新たにSKYACTIV-D 1.5を搭載~/まるも亜希子

マツダ 次期「デミオ」コンセプトモデル『跳(MAZDA HAZUMI)』登場! ~新たにSKYACTIV-D 1.5を搭載~/まるも亜希子

他の場所に展示されていても、マツダ車であるとすぐにわかる程の存在感

マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」
マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」
マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」

その一帯だけがソウルレッドに染まり、思わず視線を奪われたジュネーブショーのマツダブース。メインステージでひと際熱い視線を浴びていた主役が、次期デミオを示唆する次世代コンパクトモデルのコンセプトカー、「跳」(HAZUMI)だ。

実物と対面してまず感じたのは、とてつもない存在感を放っていること。とくに正面から眺めてみると、CX-5、アテンザ、アクセラと続いてきた新世代マツダフェイスが、見事にコンパクトなサイズで表現されており、もしマツダブースではない場所に展示されていたとしても、これはマツダのクルマであるとすぐにわかると確信したほどだ。

ボディサイズは全長4070x全幅1730x全高1450mmと、現行デミオよりもふたまわり程度大きいというイメージ。ただ、全高は25mmほど低められており、闇雲に大きくしたのではなく、デザインへのこだわりと走行性能の向上を優先したためだと想像できる。

マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」

秀逸なリアデザイン

マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」
マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」

クルマを「命あるもの」と考えてデザインするという、「魂動」(こどう)コンセプトは、2010年に発表されたコンセプトカー「靭」(SHINARI)からスタートし、世界各国で絶賛されている。

マツダというブランドの「顔」をしっかりと創り、まるで4つのタイヤが動物の足、フェンダーからリヤエンドにかけての造形は鍛えられた筋肉のようにしなやかで、停まっていても今にも動き出しそうな躍動感と、生き物が発する息吹、艶やかな色気といったものが巧みに表現されている。それが、Bセグメントのデミオでも見事に仕上げられていると感じた。

今回、デザインの見どころはフロントまわりもさることながら、リアデザインが秀逸だ。

ウインドウグラフィックや功名な面構成、ハの字に配置されたリフレクターなどで立体感と躍動感を表現。センターに2本並んだテールパイプもスポーティなアクセントとなり、強烈な個性を印象づけている。18インチと大径なアルミホイールや、シュッと細長いサイドミラー、アクセサリーのように埋め込まれたドアハンドル、光るフロントグリルなど、ショーモデルならではの演出も多分にあるものの、市販モデルもほぼこのままのイメージで登場すると見られている。

欧州車に負けない安全装備を搭載してくる可能性も大

マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」
マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」

そして、インテリアデザインにもマツダらしさが炸裂。単なる広さばかりを追求するのではなく、程よくタイトなフィット感でドライバーをサポートしつつ、空間効率を考慮してデザインされていることがわかる。

インパネは航空機の翼をイメージし、ドライバー側とパッセンジャー側を区切るようにしてコクピット感を演出。メーターは大きな1眼にデジタル表示画面が左右に配置され、シフトレバーは航空機のスラストレバーを思わせるデザインだ。

その下には、マツダが「HMI」(ヒューマン・マシン・インターフェース)哲学という、安全走行を最優先として人間中心設計に徹する考えのもとに進める新世代インターフェース、「マツダコネクト」のコマンダーコントロールが置かれ、センターディスプレイとポップアップデイスプレイも設置されている。これは、アテンザやアクセラと同様の先進装備をデミオにも設定する用意があることを物語っており、現時点ではアナウンスはないが、先進の安全技術でドライバーを支える「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」に基づき、欧州車に負けない安全装備を搭載してくる可能性も大きい。

インテリアでも完全独立4座となるシートなど、ショーモデル然とした部分があり、これがどこまで市販モデルに反映されるのかが注目だ。

マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」

世界の先端をゆく高性能と環境性能を両立させてくるはず

「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」用 新開発小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」
「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」用 新開発小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」マツダ 次期 新型「デミオ」(マツダ2)】「マツダ 跳(MAZDA HAZUMI)」

デザインだけでなく、その中身にも大きなトピックがある次期デミオ。

それが、今回世界初公開されたクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」だ。

また、出展モデルがATということで、トランスミッションも新開発のものがお目見えすると思われる。現行デミオはエンジンのみがSKYACTIVだったが、次期デミオはエンジン、ミッション、ボディ、シャシーとフルSKYACTIVとなるわけだ。CX-5やアテンザ、アクセラに搭載されているSKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)同様、低圧縮比といった先進技術により、世界の先端をゆく高性能と環境性能を両立させてくるはずの1.5ディーゼル。アイドリングストップ機構のi-stop、減速エネルギー回生システムのi-ELOOPも採用し、Co2排出量は90g/km以下を想定しているというが、一体どんな走りを見せてくれるのだろうか。

日本では3ナンバー枠となってしまうボディサイズや、これだけの内容での価格設定はどうなるのかなど、気になるところも少々あるものの、とにかく圧倒的に魅力あるデザイン、そしてコンパクトクラスの常識を覆す可能性を秘めた走行性能と、次期デミオが見せてくれるだろう新しい日本車の世界に、今から期待が高まるばかりだ。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21